【あらすじ】この音とまれ!というヤンキーが織りなす青春まっしぐらな漫画を読んだ【感想】

おすすめ漫画

こんにちは、学園漫画に憧れが強いたぎーです。

学生生活にあまり思い出もなく、多大なる青春を無駄にした僕みたいな人間にとって、やはり「青春学園漫画」というものは惹かれるものがあります。

一度読むと胸が締め付けられ、羨ましさやら切なさやらいろんな感情が押し寄せてきてしまう。

そんななか読んだ漫画が、ジャンプスクエアで連載している「この音とまれ!」

箏曲部(そうきょくぶ)という「箏」(こと)を題材にした珍しい漫画なんですが、これがもうめちゃくちゃにアツい作品

学園モノでここまで興奮した作品は個人的に中々ない。

まず第1話が完璧すぎる、第一話が神回。

第一話でその世界観に引き込まれて、「あ、これは名作爆誕ですな」と瞬間実感します。真面目な倉田先輩とヤンキーの後輩「久遠」(くどお)くんとその取り巻きに、とにかく可愛い女子が織りなす青春学園生活。

ヤンキーが出てくるので男子向けかと思いきや、どことなく少女漫画っぽい雰囲気もあったりして女子もめっちゃハマっちゃいそうな雰囲気が感じられます。

※極力ネタバレ無しで書いています。

「この音とまれ!」のあらすじ

箏曲部に所属している男子高校生の倉田くん。部員は彼1人しかおらず、廃部の窮地に陥ってました。箏曲部の部室はと言うと、ヤンキーの溜まり場と化しています。なんだかルーキーズを思い出しますね!

そんな折、突如として現れた西中の「久遠」(くどお)。彼もまた、名の知れたヤンキー。いきなり現れ、「そーきょく部に加入する」と言い出します。

しかし倉田くんはそんな言葉信用できません。

それもそのはず、きっとコイツもルーキーズの新庄ヨロシク、部室を占拠するに違いない!僕は御子柴にはならないぞ!(作中そんなことは一切言っておりません)

突然押しかけてきて好き勝手する久遠に不信感しかない倉田先輩、しかし久遠の友達に真相を聞いたことで考えは一変。

久遠の壮絶な過去を知り、同時に久遠の想い、熱い気持ちを感じた倉田先輩は申し訳ない気持ちでいっぱいです。

その後いろいろアツいシーンを経て晴れて部員となった久遠くん。ここから彼らのアツい青春が幕を開けました。

この音とまれを読んだ感想 こんな青春に憧れる

アツい、とにかくアツい。いや、野球少年とかスポーツ少年がアツいのは当たり前だから別に今さらなんとも思わないんです。

「ヤンキー」が何かに夢中になるっていう設定がいいですよねえ、胸熱ですよねえ。

そりゃ「特攻の拓」に出てくる奴らがいきなり箏に夢中になってもただドン引きするだけですよ?

音奏でてるときに、「ドエレーCOOOLじゃん・・・・?」とか言われてもこっちだって困りますよ。

森田まさのり先生の作品然り、ヤンキーが更生して何かに夢中になるって”ずるい”んだよなあ。

まあとにかくね、こんな青春にすげー憧れます。みんなで目標に向かって一生懸命練習して突き進む感じ。

たまらなく素敵ですよね。僕みたいな人間は特にそう思います。

30過ぎた今でも、”仲間とみんなで力を合わせて何かを成し遂げたい”、そんな気持ちにさせられます。

大人になってしまうと、達成感とか充実感とかなかなか味わう機会が無くなってしまうんですよね。


まあ僕は、10代の頃からなかったんですけどーヒーハー!!!


だからですかね、より強く思うんですよね。

人生の充実感を味わいたい、と。

世の中の大半は必至に生きてる人間を笑いものにするけど、たった一度きりの人生を必至に生きて何が悪い。

とにかく要所で「グッ!」っとくるシーンや「キュンッ!」とするシーンがあってサイコーです。

あとこの漫画の面白いところって、各主要キャラが過去や現在トラウマや悩みを抱えていて葛藤し、そしてそれを打破していくまでの物語が胸熱なんですよね。

久遠愛(くどおちか)が日に日に丸くなっていく

初期はギンギラギンな久遠くんですが、回を追うごとに丸くなっていく感じが萌萌キュンです。

あんなに眼光鋭かった彼もどうでしょう、いつからか”素敵な笑顔”を振りまくように成長していきます。

触れるもの皆傷つけていた彼があんな笑顔を見せてくれるようになるなんて僕は嬉しいです。

彼もまた、一歩間違えばもしかしたら”魍魎”の”武丸”のようになっていたかもしれない・・・じいさんとメガネには感謝しかありません。

「音で人を魅了する」、僕も音楽が何よりも大好きなのでこれすげー分かる。

難しい演奏でもないのに何故か心に響く、誰でも弾けるようなメロディなのになんでか心に深く突き刺さる。

そんな「音」を奏でるアーティストっているんですよね。

きっとその人の奏でる音には、その人の人生が詰まってるんだと思います。何故か分からないけど胸の奥深くに突き刺さってくる、突然ハートが震え出す、きっとその人の魂がこもってるんではないかなと。

僕はそれを、”ソウルミュージック”と呼んでるんだぜ。

みんな青春しまくりの感動胸熱マンガ、「この音とまれ!」はめちゃくちゃ面白い。

面白いという言葉だけで括れない、様々な感情が押し寄せてくる名作マンガ。

青春時代を無駄にした僕には「あの頃の気持ち」なんてのはないけど、そんな気持ちにさせてくれる作品です。

おれもこんな思い出作りたかったよおおおおおん!!!

むっちゃ面白い青春学園マンガ「この音とまれ!」、オススメです。

ちなみに面白すぎてめでたくアニメ化もしております!アニメはFODなどで視聴できるので、アニメ好きな方はぜひチェックしてけろ!



んでまず!

おすすめ漫画
たぎーをフォローする
たぎぱんブログ
タイトルとURLをコピーしました