【ホラーパンク】Murderdollsという隠れた名バンドを紹介【オススメ曲9選紹介】

スポンサーリンク
マーダードールズという隠れた名バンドを紹介おすすめ洋楽
スポンサーリンク

こんにちは、パンクもメタルも大好きなたぎーです。

スリップノットの元ドラマー、ジョーイ・ジョーディソンがギターで参加してた隠れた名バンド、Murderdolls(マーダードールズ)について紹介します。

スリップノットとは全く違う楽曲で、ホラーパンク好きなら間違いなくハマります!

その見た目とは裏腹に楽曲もミスフィッツなどを彷彿とさせるポップなのが多く、どれも聴きやすい曲ばかりです。

そんな隠れた名バンドのマーダードールズをもっと知ってもらいたく、毎日5時間以上音楽を聴いてる音楽マニアの僕が熱く紹介していきます!

スポンサーリンク

マーダードールズってどんなバンド?

スリップノットの名ドラマー、ジョーイ・ジョーディソンが中心となって結成されたバンド。ジョーイが95年に結成したREJECTSというバンドが全身にあたります。(REJECTSは99年にスリップノットが爆発的に売れてから多忙になり実質活動停止していました)

スリップノットの99年のオズフェストの際にジョーイとトリップ・エイセン(元STATIC-X)が知り合い、ジョーイがREJECTSに誘います。2001年に、当初はベーシストとしてウェンズデイ13が加入します。その後、ボーカルが脱退したのを機にウェンズデイ13がリード・ボーカルを担当します。

曲は主にジョーイとウェンズデイ13が作っており、NEW YORK DOLLSやアリス・クーパー、初期のモトリークルーなんかに影響を受けてるそうです。MISFITSあたりにもモロ影響受けてる感じですけどね。

メンバー

  • ウェンズデイ13 – リードボーカル
  • ジョーイ・ジョーディソン – ギター・バッキングボーカル
  • トリップ・エイセン – ギター・バッキングボーカル
  • エリック・グリフィン – ベース
  • ベン・グレイヴス – ドラムス

当初は、「SlipknotとSTATIC-Xのメンバーによるスーパープロジェクト」という紹介をされていたのに、当の本人トリップ・エイセンがSTATIC-Xの活動に専念する為脱退。新たにギタリストとしてアーシー・スレイドが加入しています。エリックとベンもライブを行うために急遽加入したようです。

歴代アルバム

アルバムは計2枚出しています。

BEYOND THE VALLEY OF THE MURDERDOLLS

2002年リリースのファーストアルバム。

どの曲もクオリティが高い名盤。レコーディングの際はジョーイがドラムを叩いたので凄いタイトなドラミングです。

WOMEN AND CHILDREN LAST

2010年リリースのセカンドアルバム。

前作はポップだったりパンクっぽさもあったりしたが、今作はダークな面が多いです。

Murderdollsのオススメ曲9選を全力紹介!

マーダードールズのアルバム

オススメ曲を紹介します!

正直ファーストアルバムは良い曲ばかりなので、とりあえずファーストアルバム聴けば良いんですが・・・

その中でも厳選して紹介していきます!

Slit My Wrist

2002年リリース、「BEYOND THE VALLEY OF THE MURDERDOLLS」収録曲。

とにかくリフがかっこいいですよね。アルバム1曲目を飾るのにふさわしいナンバーです。

Twist My Sister

2002年リリース、「BEYOND THE VALLEY OF THE MURDERDOLLS」収録曲。

サビのとっつきやすさたるやです。一聴すれば口ずさんじゃう分かりやすさ。

Love At First Fright

2002年リリース、「BEYOND THE VALLEY OF THE MURDERDOLLS」収録曲。

ポップでめちゃくちゃ聴きやすいです。MVではジョーイが飛び跳ねながらギターを弾いてる貴重な姿が拝見できます。

People Hate Me

2002年リリース、「BEYOND THE VALLEY OF THE MURDERDOLLS」収録曲。

こちらもリフが超イケててサビもシンガロング必至です。

She Was a Teenage Zombie

2002年リリース、「BEYOND THE VALLEY OF THE MURDERDOLLS」収録曲。

なんか同じ表現しか思い浮かばない自分の語彙力のなさに絶望するんですが、サビが分かりやすくて好きです。

Grave Robbing U.S.A

2002年リリース、「BEYOND THE VALLEY OF THE MURDERDOLLS」収録曲。

これもなんですよね、サビが凄い分かりやすくて歌いやすい。曲のタイトルを連呼するってのが良いんですかね。

Bored ’Til Death

2010年リリース、「WOMEN AND CHILDREN LAST」収録曲。

最初から最後までほぼ同じギターリフで突き進んでます。ギターサウンドも前作とは結構変わってメタル寄りのサウンドになりましたね。

Nowhere

2010年リリース、「WOMEN AND CHILDREN LAST」収録曲。

なんだかパンクっぽくてイイ感じです。

My Dark Place Alone

2010年リリース、「WOMEN AND CHILDREN LAST」収録曲。

ダークな感じです。リフもすげーカッコよくて、マキシマムザホルモンなんか好きな人はハマりそうな曲です。

まとめ

いかがでしたか?ポップでホラーでめちゃくちゃカッコイイですよね^^

ちなみにこのマーダードールズも一見マイナーな感じですが、ストリーミングサービスでしっかり全曲聴くことができますので、ぜひチェックしてみてください!

んでまず!