マリリン・マンソンのおすすめアルバム!必聴の名曲・代表曲はこれ!

スポンサーリンク
マリリンマンソン のおすすめアルバムを名曲と共に紹介!おすすめ洋楽
スポンサーリンク

マリリン・マンソンの数あるアルバムからおすすめを知りたい。ついでに名曲も知りたい!

こんな疑問に答えます。

僕は14歳から音楽に目覚めそれから15年以上毎日ひとりでいる時は音楽を垂れ流す生活をしています。

過去には年間200枚以上のCDを購入しており、今現在はストリーミングサービスでロックやパンクだけでなく、ヒップホップやジャズなども含め日々新しい音楽を聴きあさっています。

そういった経験から紹介していきます。

スポンサーリンク

マリリン・マンソンってどんな人?

マリリン・マンソンってどんな人?

1969年生まれ、アメリカ合衆国オハイオ州出身。本名はBrian Hugh Warner(ブライアン・ヒュー・ワーナー)。

親が厳格なカトリック教徒であり、その為カトリックの私立中学校に入学させられハルマゲドンやイエス・キリストについて教え込まれました。

反キリスト的な歌詞を書くようになったのは、それが原因の1つとされています。

マリリン・マンソンという名前の由来は、「マリリン・モンロー」と「チャールズ・マンソン」からとられています。

歴代アルバム
  • 1994年リリース – Portrait of an American Family
  • 1995年リリース – Smells Like Children
  • 1996年リリース – Antichrist Superstar
  • 1998年リリース – Mechanical Animals
  • 2000年リリース – Holy Wood(In the Shadow of the Valley of Death)
  • 2003年リリース – The Golden Age of Grotesque
  • 2007年リリース – Eat me, Drink Me
  • 2009年リリース – The High End of Low
  • 2012年リリース – Born Villain
  • 2015年リリース – The Pale Emperor
  • 2017年リリース – Heaven Upside Down

なかなかにアルバムリリースしてますね。この数ある中から「まずはこれでしょ!!!」っていうおすすめのアルバムを紹介していきます!

マリリン・マンソンのおすすめアルバム4選!

マリリン・マンソンのおすすめアルバム4選!

とりあえずまずこれから聴くべきっていうマリリン・マンソンのおすすめアルバムをおすすめ曲とともに紹介します!

Lest We Forget

2003年リリースアルバム。

アルバムレビュー

ハイ、いきなりのベストアルバムですwでもベストアルバムって間違いないですからね!

マンソンは結構捨て曲的なのも多くあったりするので、まずは名曲しか入ってないこのベストアルバムから聴くのが良いと思います。かくいう僕も友達にこのアルバムを借りてマリリン・マンソンにハマりました!

このアルバムを一通り聴いてピンとこないのであれば、マンソンとは縁がなかったってことです。

Antichrist Superstar

1996年リリースアルバム。

アルバムレビュー

マリリン・マンソンの出世作にあたります。アルバムタイトルから曲からMVまで、マリリン・マンソンという人物を知らしめるのに十分な作品です。

マリリン・マンソンがどうゆうアーティストか知りたい方向け、入門編的なアルバムであり名盤です。

おすすめ曲
  • Irresponsible Hate Anthem
  • The Beautiful People
  • Tourniquet
  • Wormboy
  • Angel With The Scabbed Wings

Mechanical Animals

1998年リリースのアルバム。

アルバムレビュー

アルバムジャケットとは裏腹に比較的聴きやすいポップな曲が多いです。マリリン・マンソンの曲をアルバム通してしっかり聴くと、単なる色物ではないというのがよく分かります。

“Rock Is Dead”はマトリックスに起用されていたのでもしかしたらなんとなく聴いたことある人もいるかも?

他にも”I Want To Disappear””New Model, No.15”など聴きやすい曲が多いです。

おすすめ曲
  • The Dope Show
  • Rock Is Dead
  • I Want To Disappear
  • I Don’t Like the Drugs(But the Drugs Like Me)
  • New Model, No.15
  • Coma White

Eat Me, Drink Me

2007年リリースのアルバム。

アルバムレビュー

前作までの激しさは鳴りを潜め、どこか叙情的で官能的な雰囲気が目立つ作品に。

ギタリストのジョン5の才能が光っており、今までにはなかったギターソロなど新しい一面をのぞかせています。

”Putting Holes In Happiness”の泣きのギターソロや”The Red Carpet Grave”のまるでジョン・フルシアンテの枯れたギターのようなギターソロなんか聴くと、本当にマンソンの曲かと疑ってしまいます。

おすすめ曲
  • Putting Holes In Happiness
  • The Red Carpet Grave
  • They Said That Hell’s Not Hot
  • Just a Car Crash Away
  • Heart-Shaped Glasses

マリリン・マンソンの名曲・代表曲を紹介ィィィ!

マリリン・マンソンの名曲・代表曲を紹介ィィィ!

上記のおすすめアルバムで紹介したおすすめ曲はもちろんのこと、それ以外にもマリリン・マンソンの名曲・代表曲はたくさんあります。

それらを一挙紹介していきます!!!
※上記で紹介したアルバム内の曲は除いています。

Lunchbox

1994年リリース、”Portrait of an American Family”収録曲。

パウパウパァァァウ!!!パウパウパァァァウ!!!

Sweet Dreams

1995年リリース、“Smells Like Children”収録曲。

イギリスの二人組ミュージシャン、ユーリズミックスのカヴァー曲!
原曲はまるでマンソンらしさはないんですが、それをこんなにマンソンらしさ全開にアレンジできるのは凄いですね。

The Fight Song

2000年リリース、”Holy Wood”収録曲。

ファァァァイ!!!ファァァァイ!!!ファァァァイ!!!ファァァァイ!!!
まさにこれぞマリリン・マンソンの代表曲と言っても過言ではないです。ぜひ甲子園の応援ソングに使って欲しいです。

Disposable Teens

2000年リリース、”Holy Wood”収録曲。

こんなに激しいのにギタープレイは超簡単!ギター初心者にもおすすめできる名曲でござる!!!

Mobscene

2003年リリース、“The Golden Age of Grotesque”収録曲。

老若男女問わず一度聴いたら耳から離れないキャッチーなメロディが特徴的な名曲!
甲子園の応援ソングにもぴったりだと思います。

Killing Strangers

2015年リリース、“The Pale Emperor”収録曲。

めちゃくちゃロックしてるゥゥゥ!!!
いきなりグルーブ感がすごいです。シンプルなドラミングにシンプルながらもうねり上げるベース、それに絡みつくギタープレイ。

いまだかつてこんなマリリン・マンソンがあったでしょうか。

果たして彼は本当にマリリン・マンソンなのでしょうか。

Deep Six

2015年リリース、“The Pale Emperor”収録曲。

安心してください、やっぱりマリリンマンソンでした。
こちらの曲はしっかりマリリンマンソンやってます。

Bad Girl

カナダのアーティスト、アヴリル・ラヴィーンの2013年リリースアルバム、「Avril Lavigne」収録曲です。

まんまマンソンの曲をアヴリルが歌ったって感じです笑

ちなみにアヴリル・ラヴィーンもめちゃくちゃいいですよ、僕は初期が大好きです。

まとめ

一見イロモノに思えるマリリンマンソンですが、実はしっかりした音楽センスが土台になっておりどれも楽曲のクオリティが高いです。

でも個人的にアルバム通して聴くと結構捨て曲的なのも多いので、まずはベストアルバムを聴いてみるかストリーミングで今回紹介した曲を聴いてみるのがイイと思います。

んでまず!


▼この記事を読んでくれた方におすすめの記事がこちら