【洋楽マニアが紹介】ジョジョのスタンド元ネタ!おすすめ曲を添えて

スポンサーリンク
おすすめ洋楽
スポンサーリンク

こんにちは、ジョジョと音楽が大好きなたぎーです。

今や知らぬものはいないほどの人気を誇る漫画、『ジョジョの奇妙な冒険』。

そのジョジョに登場するスタンドの由来は大半が洋楽のアーティストやバンド名、曲名になっています。(しかもどれもカッコいいのばかり)

そんな荒木先生のセンスの良さが垣間見えるスタンド名の由来になった元ネタバンドを、14歳から洋楽にどっぷりのめり込んでる洋楽マニアの僕が紹介していきます!オススメ曲を添えて・・・

Amazon Music Unlimitedなら6500万曲以上を月額980円で聴き放題!

プライム会員ならさらにお得な月額780円!年契約なら月額650円と業界最安値で利用できちゃいます!

洋楽好きの皆様にぜひおすすめのサービスですが、最近は邦楽も充実してきました。

初回30日間無料お試し体験できるので、この機会に今すぐ登録してみましょー^ ^

\30日間無料体験/

超カッコいい素敵な曲ばかりなので、これ聴いて明日からまた頑張りましょう!

人はみんな「あしたは月曜日」ってのは嫌なものなんだ でも・・・必ず「楽しい土曜日がやってくる」って思って生きている いつも月曜ってわけじゃあないのよ!

スポンサーリンク
  1. ジョジョのスタンド名の由来になった洋楽元ネタ一挙紹介!
    1. エシディシ – AC/DC
    2. クレイジー・ダイヤモンド – Shine On You Crazy Diamond
    3. ザ・ハンド – The Band
    4. エコーズ – Echoes
    5. バッド・カンパニー – Bad Campany
    6. アースウィンドアンドファイアー – Earth, Wind & Fire
    7. ハイウェイ・スター – Highway Star
    8. レッド・ホット・チリ・ペッパー – Red Hot Chill Peppers
    9. ヘブンズ・ドアー – Knockin’ On Heaven’s Door
    10. ラット – RATT
    11. ボーイ・Ⅱ・マン – Boyz Ⅱ Men
    12. パール・ジャム – Pearl Jam
    13. ストレイ・キャット – The Stray Cats
    14. キラークイーン – Killer Queen
    15. ゴールド・エクスペリエンス – The Gold Experience
    16. スティッキー・フィンガーズ – Sticky Fingers
    17. ムーディー・ブルース – The Moody Blues
    18. セックス・ピストルズ – Sex Pistols
    19. エアロスミス – Aerosmith
    20. パープルヘイズ – Purple Haze
    21. スパイスガール – Spice Girls
    22. マン・イン・ザ・ミラー – Man In The Mirror
    23. クラッシュ – The Clash
    24. ビーチ・ボーイ – The Beach Boys
    25. ザ・グレイトフル・デッド – Grateful Dead
    26. ノトーリアス・B・I・G – The Notorious B.I.G
    27. オアシス – Oasis
    28. グリーンデイ – Green Day
    29. ホワイト・アルバム – White Album
    30. メタリカ – Metallica
    31. キング・クリムゾン – King Crimson
    32. ストーン・フリー – Stone Free
    33. キッス – Kiss
    34. フー・ファイターズ – Foo Fighters
    35. グーグー・ドールズ – Goo Goo Dolls
    36. ハイウェイ・トゥ・ヘル – Highway to Hell
    37. マリリン・マンソン – Marilyn Manson
    38. ジャンピン・ジャック・フラッシュ – Jumpin’ Jack Flash
    39. リンプ・ビズキット – Limp Bizkit
    40. ボヘミアン・ラプソディー – Bohemian Rhapsody
    41. アンダーワールド – Underworld
    42. 20th Century BOY – 20th Century Boy
    43. シビル・ウォー – Civil War
    44. チョコレイト・ディスコ – ただのそれしか言わない
    45. チケット・トゥ・ライド – Ticket To Ride
    46. ドギー・スタイル – Doggy Style
    47. キング・ナッシング – King Nothing
    48. ボーン・ディス・ウェイ – Born This Way
    49. カリフォルニア・キング・ベッドちゃん – California King Bed
  2. ジョジョのスタンド元ネタまとめ

ジョジョのスタンド名の由来になった洋楽元ネタ一挙紹介!

ジョジョのスタンドの洋楽元ネタ

エシディシ – AC/DC

スコットランド人のアンガス、マルコムのヤング兄弟を中心に結成。同国の代表するグループとして世界的な知名度を獲得し、21世紀に入ってからも活動している。
2003年『ロックの殿堂』入り。2010年度『グラミー賞』受賞 。ローリング・ストーン誌選定「歴史上最も偉大な100組」第72位。ウォール・ストリート・ジャーナルの「史上最も人気のある100のロックバンド」6位。

Wikipedia

ジョジョ第二部に登場した敵キャラ、「エシディシ」。
いきなりスタンドじゃないってゆうw

エシディシ→AC/DCですね。ですよね!?いいんですよね!?

エミネム→M&M(本名マーシャル・マザーズの略)みたいな感じですかね。

AC/DCのおすすめ曲
  • Highway to Hell
  • Back In Black
  • Thunderstruck

クレイジー・ダイヤモンド – Shine On You Crazy Diamond

ピンク・フロイド (Pink Floyd) は、イングランド出身のロック・バンド。「フロイド」と略称されることもある。
プログレッシブ・ロックの先駆者としても知られ、同ジャンルにおける五大バンドの一つとされている。作品の総売上は2億5000万枚以上(2016年時点)、最も売れた音楽家のランキングで第15位、代表作『狂気(原題/英題:The Dark Side of the Moon )』が全米チャートに741週連続でランクインする[5]など、ロック界のレジェンドとして世界的名声を誇った。
1995年度「グラミー賞」受賞。1996年、「ロックの殿堂」入り。2005年、「イギリスの音楽の殿堂 (en)」入り。2011年、『ローリング・ストーン』選出「歴史上最も偉大な100組のアーティスト」第51位。2018年、『ウォール・ストリート・ジャーナル』選出「史上最も人気のある100のロックバンド」第4位。

Wikipedia

第四部の主人公、東方仗助(ヒガシカタ ジョウスケ)のスタンド。
ピンク・フロイドはおじさん世代なら誰もが知ってるプログレバンドですが、プログレは好き嫌いが別れますねー。

好きな人は本当好きだけど、退屈に感じる人は本当に無理。荒木先生世代はプログレ全盛でしょうから大好きでしょうね。

ギタープレイを楽しめる人にはオススメです。

ピンク・フロイドのおすすめ曲
  • Wish You Were Here
  • Money
  • Atom Heart Mother

ザ・ハンド – The Band

ザ・バンド (The Band) は、1967年から1976年にアメリカで活動したロック・バンド。オリジナル・メンバーは、カナダ人4人(ロビー・ロバートソン、リチャード・マニュエル、ガース・ハドソン、リック・ダンコ)とアメリカ人1人(リヴォン・ヘルム)。1983年にロバートソン以外のメンバーが再結成し、メンバー・チェンジやサポート・メンバーを加えながら1999年まで活動した。
オリジナル・メンバーの全員が様々な楽器を演奏でき、ミュージシャンズ・ミュージシャンとして、今なお多くのミュージシャンから尊敬を集めている。1989年にカナダのCanadian Music Hall of Fame殿堂入り、1994年にロックの殿堂入りを果たしている。
「ローリング・ストーン誌の選定の歴史上最も偉大な100組のグループ」において第50位。2008年、グラミー賞の Lifetime Achievement Award を受賞した。

Wikipedia

同じく第四部登場、仗助の友達の虹村億泰(ニジムラ オクヤス)のスタンド。
もうね、圧倒的ミュージシャン!って感じですね。

こんな音楽性あれば「The Band」なんて名乗っても誰も文句言いませんね。

The Bandのおすすめ曲
  • The Weight
  • Up On Cripple Creek
  • I Shall Be Released
スポンサーリンク

エコーズ – Echoes

第四部登場、広瀬康一(ヒロセ コウイチ)のスタンド。

またまたピンクフロイド登場です。いやー長い、エコーズもやんだくなるくらい長い。

キャンプで火を囲んで夜空見上げながら聴いたら気持ちいいでしょうね。

バッド・カンパニー – Bad Campany

バッド・カンパニー(Bad Company)は、イングランド出身のロックバンド。
実力派のボーカリスト ポール・ロジャースを擁し、ブルースをベースとしたハードロック・サウンドで大きな成功を収めた。特にデビューアルバムは、1200万枚以上のセールスを記録している。グループ名の意味は「悪友」。

Wikipedia

第四部登場、虹村億泰の兄の虹村形兆(ニジムラ ケイチョウ)のスタンド。
「誰だってそーする おれもそーする」は汎用性の高い言葉だ。

Bad Campanyのおすすめ曲
  • Feel Like Makin’ Love
  • Can’t Get Enough
  • Rockn’N’ Roll Fantasy
スポンサーリンク

アースウィンドアンドファイアー – Earth, Wind & Fire

アース・ウィンド・アンド・ファイアー(Earth, Wind & Fire)は、アフリカ系アメリカ人によるファンクミュージック・バンドである。R&B、ファンク、ソウル、ジャズなどのジャンルを融合させ、新たなポップミュージックの世界を開拓した。ファンクやディスコが全盛だった1970年代を象徴するバンドとして知られる。略称はEWF、EW&F。
1970年代半ば以降の全盛期は、ファンキーなサウンドとモーリス・ホワイトとフィリップ・ベイリーのツインヴォーカル、重厚なホーンセクションが特徴であった。1980年代前半には、コンピューターを利用した電子音を採り入れたが、人気を復活させるのは困難だった。アメリカ合衆国国内だけでなく日本をはじめ世界的な人気も高く、1970年代から何度か活動停止と再開を繰り返しつつも定期的にヒット曲を放ち、世界でのCD・レコード総売上は9000万枚以上。グラミー賞を6回受賞し、2000年にロックの殿堂入りを果たしている。

Wikipedia

第四部登場、マゼラン星雲からやってきた宇宙人ミキタカの能力。
セプテンバーは老若男女誰でも一度は聴いたことある曲です、グッチ裕三ではありません。

もうあれですね、ディスコ!!!って感じですね。

この曲ずっと流してればもうみんなハッピーになれるんじゃないですか?

Earth, Wind & Fireのおすすめ曲
  • September
  • Fantasy
  • After the Love Has Gone

ハイウェイ・スター – Highway Star

ディープ・パープル(Deep Purple)は、イングランド出身のハードロック・バンド。
日本ではレッド・ツェッペリンと並びハードロック・バンドの代表格の一つに数えられ、後のハードロック、ヘヴィメタル・バンドにも大きな影響を与えた。1976年に一度解散したが、1984年に再結成した。2016年度に「ロックの殿堂」入りを果たした。

Wikipedia

第四部、噴上裕也(フンガミ ユウヤ)のスタンド。
控えめに言ってもミケランジェロの彫刻のようにカッコいい曲です。

Deep Purpleのおすすめ曲
  • Highway to Star
  • Smoke On The Water
  • Burn

レッド・ホット・チリ・ペッパー – Red Hot Chill Peppers

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(Red Hot Chili Peppers)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身のロックバンド。全世界トータルセールスは8000万枚以上を記録している。
3つのグラミー賞を受賞している。(12回ノミネート)主な略称は「RHCP」や「The Chili Peppers」、日本でのみ「レッチリ」など。2012年にロックの殿堂入り。2019年現在、オリジナル・アルバムを11枚、ベスト・アルバムを2枚発表している。ウォール・ストリート・ジャーナルの「史上最も人気のある100のロックバンド」にて13位。

Wikipedia

第四部登場、音石明(オトイシ アキラ)のスタンド。
ボーカルのアンソニー・キーディスが過去に出した自伝を読むと、「本当に実話?」っていうような内容ばかりです。

最高にぶっ飛んだ超カッコいいバンドですね。

長年ジョシュという上手いけど微妙なギタリストだったんだけど、とうとうまたジョン・フルシアンテが復帰するのでもう楽しみでしょうがないです。

Red Hot Chill Peppersのおすすめ曲
  • Give It Away
  • By The Way
  • Dani California

ヘブンズ・ドアー – Knockin’ On Heaven’s Door

ボブ・ディラン(英語: Bob Dylan、1941年5月24日 – )は、ユダヤ系アメリカ人のミュージシャンである。出生名はロバート・アレン・ジマーマン(Robert Allen Zimmerman)だが、後に自ら法律上の本名もボブ・ディランに改名している。“ボブ”はロバートの愛称、“ディラン”は詩人ディラン・トマスにちなむ。70年代末には保守派のビル・グレアムの影響を強く受け、福音派(新興宗教的キリスト教)に改宗(ボーン・アゲイン)し、コンサートでブーイングを浴びたが、ソニー・ミュージックなどによれば、83年以降はユダヤ教に回帰している。2016年歌手として初めてノーベル文学賞を受賞。
「風に吹かれて」「時代は変る」「ミスター・タンブリン・マン」「ライク・ア・ローリング・ストーン」「見張塔からずっと」「天国への扉」他多数の楽曲により、1962年のレコードデビュー以来半世紀以上にわたり多大なる影響を人々に与えてきた。現在でも、「ネヴァー・エンディング・ツアー」と呼ばれる年間100公演ほどのライブ活動を中心にして活躍している。
グラミー賞やアカデミー賞をはじめ数々の賞を受賞し、ロックの殿堂入りも果たしている。また長年の活動により、2012年に大統領自由勲章を受章している。そのほか、2008年にはピューリッツァー賞特別賞を、2016年10月には「アメリカ音楽の伝統を継承しつつ、新たな詩的表現を生み出した功績」を評価され、歌手としては初めてノーベル文学賞を授与されることが決定。発表からしばらく沈黙を守っていたが、同月28日に授賞を受け入れると発表した
「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第18位、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第7位、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第2位、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のソングライター」において第1位を獲得している。

Wikipedia

第四部登場、岸辺露伴のスタンド。
もはや何もいうことはないですね。だってボブ・ディランですもの。

ジョジョで一番有名なんじゃないかってくらい有名なキャラです。

でも断らない!

・・・

ボブ・ディランのおすすめ曲
  • Blowin’ In the Wind
  • Like a Rolling Stone
  • Subterranian Homesick Blues
スポンサーリンク

ラット – RATT

ラット(Ratt)は、アメリカ合衆国出身のロック・バンド。
1980年代に隆盛したLAメタルの代表的存在で、モトリー・クルーと双璧をなす人気を誇り、全米で1600万枚、全世界で3000万枚以上のアルバム総セールスを記録した。
2018年の時点でバンドは、スティーヴン・パーシー(Vo)らと、ボビー・ブロッツァー(Ds)の2派に分裂している。

Wikipedia

ダサい!D・A・S・A・I!とにかくダサい!ダサすぎるよー!!!
LAメタルというのはなぜこんなにもダサいのでしょうか。

これはニルヴァーナに蹴散らされますね。

RATTのおすすめ曲
  • Round and Round
  • Lay It Down
  • You’re In Love

ボーイ・Ⅱ・マン – Boyz Ⅱ Men

ボーイズ・II・メン(Boyz II Men)は米国フィラデルフィア出身のヴォーカル・グループ。
1990年代に「End Of The Road」を始めとする幾つもの全米ナンバーワンソングを記録し、R&Bの一時代を築いた。
Boys II Men は誤記。

Wikipedia

第四部登場、ジャンケン小僧大柳賢(オオヤナギ ケン)のスタンド。
LAメタルのあまりのダサさに読者が逃げてしまうと困るのでちょっとオシャレなやつ投入。

もうこれ聴いてるだけでちょっとモテそうですもんね。

Boyz Ⅱ Menのおすすめ曲
  • End of the Road
  • One Sweet Day
  • I’ll Make Love to You

パール・ジャム – Pearl Jam

パール・ジャム (Pearl Jam) とは、アメリカ ワシントン州 シアトル出身のロックバンドである。グラミー賞受賞、アルバム4枚がビルボード誌に初登場1位(2013年時点)、CDセールス最速記録がギネスに認定されるなど、社会的・商業的成功をおさめている。
1990年代前半、シアトルを中心として従来のMTVを中心とした商業主義ロックに反抗するオルタナティヴ・ロック・ムーブメントが若者を中心に大流行し、サウンドガーデンやニルヴァーナ等と共にグランジ・ロックと呼称されて世界的にも反響を及ぼした。その中でも、パール・ジャムは当時のジェネレーションXたちの苦悩の代弁者とまで評され、その世代の旗手として位置づけられていた。

Wikipedia

第四部登場、トニオ・トラサルディーのスタンド。
90年代初頭に爆発的にブームとなった「グランジ」の代表的バンド。

僕はニルヴァーナの方が100倍好きですが、パールジャムも最高にロックンロールしてます。

Pearl Jamのおすすめ曲
  • Even Flow
  • Alive
  • Daughter

ストレイ・キャット – The Stray Cats

ストレイ・キャッツ(Stray Cats)は、1980年代に活躍したアメリカ合衆国のネオロカビリーバンド。ブライアン・セッツァーを中心とした男性3人によって構成される。ネオロカビリーブームの火付け役として一世を風靡した。

Wikipedia

めちゃめちゃかっこいいですよねーストレイキャッツ。
ブライアン・セッツァーは今も昔もカッコよす。

もうね、おじさん達がロカビリーの話してたらとりあえずストレイキャッツの話題出しとけばオッケー!

The Stray Catsのおすすめ曲
  • Rock This Town
  • Stray Cat Strut
  • Jeannie,Jeannie,Jeannie
スポンサーリンク

キラークイーン – Killer Queen

1970年代前半のハードロック・ブームの中でデビューし、その後スタイルを変化させながら世界中で成功を手にした。合計で1億7千万枚〜2億枚の音楽作品を売り上げたとされ、1970年代に結成されたロックバンドではAC/DCと並んで1位。ウォール・ストリート・ジャーナルの「史上最も人気のある100のロックバンド」にて第3位。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」にて第52位。2001年にマイケル・ジャクソン、エアロスミスらと共にロックの殿堂入りを果たしている。

Wikipedia

第四部のボスキャラ、吉良吉影のスタンド。
とにかくね、フレディ・マーキュリーの歌声とこの絶妙なハーモニーがたまらんですね。

ちなみに『シアーハートアタック』と『アナザーワンバイツァダスト』もクイーン関連です。

そうです!吉良吉影はクイーンです!

Queenのおすすめ曲
  • We Will Rock You
  • I Was Born To Love You
  • We Are The Champions

ゴールド・エクスペリエンス – The Gold Experience

プリンス・ロジャーズ・ネルソン(英語: Prince Rogers Nelson、1958年6月7日 – 2016年4月21日)は、アメリカのミュージシャン、マルチ・インストゥルメンタリスト、シンガーソングライター、作曲家、音楽プロデューサー、俳優。これまでに12作品のプラチナアルバムと30曲のトップ40シングルを生み出し、アルバム・シングルの総売り上げは1億3000万枚以上になる。後進のミュージシャンに影響を与えた存在として知られた。

Wikipedia

第五部主人公、”ジョルノ・ジョバァーナ”のスタンド。
途中からスタンド能力が変わったり進化したりして最終的にレクイエムになった作中きっての万能型スタンド。

当初は新人いびりみたいなことをされるが、口ではなく実力でアバッキオ達を認めさせた。

こんな奴が入社してきたら超有望な新人である。

Princeのおすすめ曲
  • I Wanna Be Your Lover
  • Hot Summer
  • Endorphinmachine

スティッキー・フィンガーズ – Sticky Fingers

ザ・ローリング・ストーンズ (英語: The Rolling Stones) は、イギリスのロックバンド。1962年4月のロンドンで、ブライアン・ジョーンズ、イアン・スチュワート、ミック・ジャガー、キース・リチャーズによって結成、その後間もなくビル・ワイマンとチャーリー・ワッツが参加した。

Wikipedia

第五部登場、理想の上司ナンバーワンこと”ブローノ・ブチャラティ”のスタンド。
ブチャラティはジョジョの中でもとりわけカッコいい名言が多く超魅力的なキャラ。

僕は幼い頃から一貫してブチャラティが好きでした。

The Rolling Stonesのおすすめ曲
  • Start Me Up
  • (I Can’t Get No) Satisfaction
  • Brown Sugar

ムーディー・ブルース – The Moody Blues

ロック界においても最古参に位置する、プログレッシブ・ロックの草分け的存在として知られる。音楽にいち早くメロトロンを取り入れ、シンフォニック・ロックの礎を築いた。トータルセールスは7,000万枚以上。

Wikipedia

第五部登場、レオーネ・アバッキオのスタンド。
HUNTER×HUNTERでいうところのコルトピとかシズク的ポジションのスタンドでしたよね。

強くはないけど替えがきかない貴重な能力。

ボスにあっけなくやられてしまうところがジョジョっぽいです。

ジャンプ漫画で主力キャラがあんなにあっけなくやられるなんてあんまりないですよ。

The Moody Bluesのおすすめ曲
  • The Story In Your Eyes
  • Nights In White Satin
  • Your Wildest Dreams
スポンサーリンク

セックス・ピストルズ – Sex Pistols

セックス・ピストルズ (Sex Pistols) は、イングランド出身のパンク・ロックバンド。
1970年代後半にロンドンで勃興した、パンク/ニュー・ウェイヴ・ムーヴメントを代表する象徴的グループ。自国の王室・政府・大手企業などを攻撃した歌詞など、反体制派のスタイルが特徴。また、活動期間は短命ながら、後世のミュージック・シーンやファッション界にも多大な影響を与えた。
2006年『ロックの殿堂』入り。ローリング・ストーン誌選出「歴史上最も偉大な100組のアーティスト」第60位。

Wikipedia

第五部登場、グイード・ミスタのスタンドです。
ムーディー・ブルースからのセックスピストルズゥゥゥ!!!さすが荒木先生!そこにシビれる!憧れるゥ!!!

パンクバンドといったら?

この質問への回答はおそらくほぼピストルズになるのではないでしょうか。

70年代とは思えないほど強烈にカッコいい!

Sex Pistolsのおすすめ曲
  • Bodies
  • Anarchy In The UK
  • God Save the Queen

エアロスミス – Aerosmith

エアロスミス(英: Aerosmith)は、アメリカ合衆国のロック・バンド。
東海岸(ボストン)出身の世界的なグループとして知られ、第一次ブリティッシュ・インヴェイジョン期の英国バンド等を主な対象として青写真を描きながらも、同時に自国のルーツ・ミュージック(ブルース、ロックンロール、R&B、カントリー・ミュージック、ファンク等)から、より自然な影響を受け、結果的にR&Bとロック、ハードロックの懸け橋となるようなサウンドを確立することに成功し、後の世界のロック界に多大な影響を与えた。特にその後の米国のロック・ミュージック形成にとって、そこにエアロスミスが与えた影響は計り知れない。 本国においては「America’s Greatest Rock and Roll Band」、「The Bad Boys from Boston」などの紹介のされ方が定着している。
2001年に「ロックの殿堂」入り。1990年「グラミー賞」初受賞。第2回「MTV アイコン・アワード」受賞。

Wikipedia

第五部登場、ナランチャ・ギルガのスタンド。
最高にロックンロールしてますねえ。

アルマゲドンの曲とWalk This Wayを聴いたことない人はいないのではないでしょうか。

Aerosmithのおすすめ曲
  • Walk This Way
  • I Don’t Want to Miss a Thing
  • Dream On

パープルヘイズ – Purple Haze

ジェームズ・マーシャル・ヘンドリックス(James Marshall Hendrix、1942年11月27日 – 1970年9月18日)は、アメリカのギタリスト、シンガーソングライター。ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)の名で親しまれ、日本では「ジミヘン」の略称で呼ばれることもある。

Wikipedia

第五部登場、パンナコッタ・フーゴのスタンド。
ギターの神様ジミヘンの名曲です。

ギターを燃やしたり歯で弾いてみたりといろんなパフォーマンスで知られているジミヘンですが、パープルヘイズのMVでのギタープレイも圧巻です。

ジミヘンのおすすめ曲
  • Crosstown Traffic
  • Fire
  • Voodoo Child

スパイスガール – Spice Girls

スパイス・ガールズ(Spice Girls)は、1994年に結成されたイギリスの女性アイドルグループ。オリジナルメンバーは、メラニー・ブラウン(スケアリー・スパイス)、メラニー・チズム(スポーティ・スパイス)、エマ・バントン(ベイビー・スパイス)、ジェリ・ハリウェル(ジンジャー・スパイス)、ヴィクトリア・ベッカム(ポッシュ・スパイス)の5人で構成される。彼女たちはヴァージン・レコードと契約し、1996年にデビューシングル「ワナビー」を発表した。同曲は37か国で首位を獲得し、世界的な成功を収めた。デビューアルバム「スパイス」は世界中で3,100万枚以上の売上を記録し、歴史上最も売れた女性グループのアルバムとなった。2枚目のアルバム「スパイスワールド」は世界中で2000万枚以上を売り上げた。スパイス・ガールズは世界中で8500万枚以上のレコードを売り上げた商業的に最も成功を収めた女性グループであり、ビートルマニア以来最大のイギリスのポップ事象である。1990年代のイギリスの大衆文化の中でも最も高い評価を受けており、雑誌「タイム」は1990年代半ばのイギリスの若者文化の祝典であるクール・ブリタニアの「間違いなく最も顕著な顔」と呼んだ。

Wikipedia

第五部登場、ボスの娘トリッシュ・ウナのスタンド。
懐かしすぎる!10代の女の子なんてこんなん絶対ハマること間違いない!

ベッカムの奥さんが圧倒的にキレイですね(僕だけ?)

スタンドが攻撃するときになんていうのかと思ったら、『Wannabe』って叫ぶのがちょっと面白い。

Spice Girlsのおすすめ曲
  • Wannabe
  • 2 Become 1
  • Say You’ll Be There

マン・イン・ザ・ミラー – Man In The Mirror

マイケル・ジョセフ・ジャクソン(Michael Joseph Jackson、1958年8月29日 – 2009年6月25日)は、アメリカ合衆国出身の歌手、ソングライター、ダンサー。人類史上最も成功したエンターテイナー。1989年以降、一般的に「キング・オブ・ポップ」と称されている。
ポピュラー音楽に多大なる影響を与えた人物の一人である。これまでに全世界で3億枚から3億5,000万枚の音楽作品を売り上げており、ビートルズやエルヴィス・プレスリーに次いで史上最も売れた音楽家として名を連ねているほか、グラミー賞を13回受賞している(ノミネートは38回)。

Wikipedia

第五部登場、イルーゾォのスタンド。
みんな大好きマイコーッ!フォーッ!フォーッ!時代を超えても一生聴いてられるぜッ!フォーッ!フォーッ!

マイケル・ジャクソンのおすすめ曲
  • Thriller
  • Beat It
  • Billie Jean
スポンサーリンク

クラッシュ – The Clash

セックス・ピストルズと並んで、最も成功したパンクバンドの一つであり、また時代を象徴するロックバンドでもある。1stアルバムは典型的なパンクだったが、徐々にレゲエやダブ、ゴスペル、フォーク、R&B、ロカビリー、ジャズ、スカ、カリプソといった様々な音楽的要素を取り入れ、3rdアルバム『ロンドン・コーリング』では独自の個性を確立、シーンに大きな影響を与えた。また、ステージ上での激しいパフォーマンスも人々に記憶されている。
「ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第28位

Wikipedia

第五部登場、スクアーロのスタンド。
僕の専門分野のパンク、前述したセックスピストルズと同時期にロンドンで活動してた伝説中の伝説のパンクバンド、クラッシュでーす。

たまんねえなーこの曲よぉぉッ!

ロンドンコーリングというアルバムは歴史に残る大傑作アルバムです。

ちなみにこの曲、「I Fought the Law」はカヴァー曲です。

The Clashのおすすめ曲
  • Rock the Casbah
  • White Riot
  • Rudie Can’t Fail

ビーチ・ボーイ – The Beach Boys

ザ・ビーチ・ボーイズ(The Beach Boys)は、アメリカ合衆国・カリフォルニア州で1961年に結成されたポップ・ロック/ウエスト・コースト・ロックの最高峰グループである。1962年から65年まではサーフィン・ホットロッドを中心としたレコードを発表していたが、66年の『ペット・サウンズ』から70年代初頭まではブライアン・ウィルソンが自己の内面と向き合った、アート志向のアルバムを発表した。

Wikipedia

第五部登場、ペッシペッシペッシペッシよぉ〜でお馴染みのペッシのスタンド。
ペットサウンズは後世に語り継がれる名アルバムです。

The Beach Boysのおすすめ曲
  • Wouldn’t It Be Nice
  • Kokomo
  • Surfin’ U.S.A.

ザ・グレイトフル・デッド – Grateful Dead

グレイトフル・デッド (Grateful Dead) は、アメリカのロックバンド。1965年にカリフォルニア州パロアルトで結成された。バンドのメンバーは5名から7名の間で変化し、スタイルはユニークで多彩なことで知られた。そのスタイルはカントリー、フォーク、ブルーグラス、ブルース、レゲエ、ロック、即興のジャズ、サイケデリック、スペース・ロックが融合した物で、ライブパフォーマンスでは長いインストルメンタルジャムが特徴であり、彼らの熱狂的なファンは「デッドヘッズ」として知られた。レニー・ケイは「彼らの音楽は、他の多くのバンドがその存在を知りさえしない領域に達している」と表した。これらの様々な影響は抽出され、多様でサイケデリックな完全体としてグレイトフル・デッドを「ジャム・バンド界の開拓者的なゴッドファーザー」とした。バンドはローリング・ストーン誌の「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」で57位に選ばれた。1994年にはロックの殿堂入りしている[。また、1977年5月8日にコーネル大学のバートン・ホールで行われたコンサートはアメリカ議会図書館の全米録音資料登録簿に追加された。ギター、ボーカルのジェリー・ガルシアは「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第13位、2011年の改訂版では第46位に選ばれている。グレイトフル・デッドはヒットチャートとはほとんど無縁の存在ながら、毎年のようにスタジアム・ツアーを行い、常にアメリカ国内のコンサートの年間収益では一、二を争う存在だった。日本では知名度が高くないが、本国アメリカではアメリカを代表する伝説的バンドとして認識されており、世界中で3,500万枚を超えるアルバムを売り上げている。

Wikipedia

第五部登場、ペッシペッシペッシペッシよぉ〜でお馴染みのプロシュート兄貴のスタンド。
日本ではそれほど知名度が高くないけど、多分プロシュート兄貴のおかげでバンドの知名度上がったと思うんだぜ。

やっぱ兄貴ィはすげえやあーッ

Grateful Deadのおすすめ曲
  • Cream Puff War
  • Dark Star
  • St. Stephen
スポンサーリンク

ノトーリアス・B・I・G – The Notorious B.I.G

ノトーリアス・B.I.G.(The Notorious B.I.G.、1972年5月21日 – 1997年3月9日)は、アメリカのMC、ラッパー。ニューヨーク州ニューヨーク市出身。
身長190cm、体重136kgの巨漢。本名はクリストファー・ジョージ・レイトア・ウォレス(Christopher George Latore Wallace)。愛称はビギー・スモールズ(Biggie Smalls)、単にビギー(Biggie)、ビッグとも呼ばれる。フランク・ホワイト(Frank White)と名乗ることもあるが、これは映画『キング・オブ・ニューヨーク』の主人公の名前が由来である。MCネームの「B.I.G.」は「Business Instead of Games」の略で、「ビー・アイ・ジー」と読むのが正しいが、「ビッグ」とも呼ばれることがある。
2006年にMTVが発表した偉大なヒップホップMCランキングでは、ジェイ・Z、2パックに次ぐ第3位にランクインされた。

Wikipedia

第五部登場、カルネのスタンド。
まさかヒップホップのしかもビギーを聴いてるなんて結構衝撃受けた方も多いのでは。

ビギーは2パックというラッパーと揉めて、その抗争の果てに銃撃を受けて惜しくも亡くなってしまいました。(2パックも亡くなっています)

もし彼らが生きていたらと誰しも考えてしまうほど偉大すぎるラッパーです。

The Notorious B.I.Gのおすすめ曲
  • Juicy
  • Big Poppa
  • Gimme the Loot

オアシス – Oasis

オアシス(英語: Oasis)とはイギリス・マンチェスター出身のロックバンド。1991年結成。2009年解散。
ビートルズ、ザ・フーなどから続く正統派ブリティッシュ・ロックを踏襲する、1990年代に隆盛を誇ったブリットポップ・ムーブメントの代表格かつイギリスの国民的ロックバンド。全世界でのトータルセールスは5000万枚以上を記録している。

Wikipedia

第五部登場、甘いの3つ欲しいいやしんぼでお馴染みセッコのスタンド。
オアシスは圧倒的に初期の音源がハイクオリティです。

ギャラガー兄弟は何度も喧嘩を繰り返してきましたが、とうとう2009年解散してしまいました。

Oasisのおすすめ曲
  • Whatever
  • Wonderwall
  • Live Forever
スポンサーリンク

グリーンデイ – Green Day

1990年にレコードデビュー、1994年にメジャーデビューを果たす。パンクバンドとしては史上初のグラミー賞の最高賞「最優秀レコード賞」を獲得するなど、ポップ・パンクを代表するだけでなく、パンク史においても重要な地位に位置づけられるバンドである。
グラミー賞の最優秀オルタナティブ・アルバム賞を受賞した『ドゥーキー』、最優秀アルバム賞を受賞した『アメリカン・イディオット』、『21世紀のブレイクダウン』などのアルバムのほか、「バスケット・ケース」、「マイノリティ」、グラミー賞の最優秀レコード賞を受賞した「ブールヴァード・オブ・ブロークン・ドリームス」などの楽曲で知られる。 2012年に『ウノ!』・『ドス!』・『トレ!』を2か月ごとに発売した。
2015年にロックの殿堂入りを果たした。

Wikipedia

第五部登場、かつてないほどの無駄無駄ラッシュを叩き込まれた変態医者野郎でお馴染みチョコラータのスタンド。

Green Dayのおすすめ曲
  • American Idiot
  • Minority
  • Basket Case

ホワイト・アルバム – White Album

ビートルズ(英語: The Beatles)は、1960年代から1970年にかけて活動したイギリス・リヴァプール出身のロックバンド。20世紀を代表する音楽グループである。音楽誌『ローリング・ストーン』による「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第1位にランクされており、経済紙ウォール・ストリート・ジャーナルの統計算出に基づく「史上最も人気のある100のロックバンド」にても1位となっている。グラミー賞を8回受賞し、24回ノミネートしている。

Wikipedia

第五部登場、ギアッチョのスタンド。
とにかく細かいことに怒りがちなギアッチョ。

そんなギアッチョのスタンド能力、ホワイトアルバムはビートルズのアルバムの中でも一二を争うほどの名アルバムなのだ。

The Beatlesはどれ聴いてもいい曲しかないんだよなあ。

メタリカ – Metallica

メタリカ (Metallica) は、アメリカ合衆国出身のヘヴィメタル・バンド。
1981年に同国西海岸にて結成。1990年代に全米アルバム総売り世界中で、2019年までに世界中で1億2000万枚を記録するなど、世界的に最も成功を収めたメタルバンドとして知られる。
『グラミー賞』8回受賞(18回ノミネート)。2009年『ロックの殿堂』入り。ローリング・ストーン誌選出「歴史上最も偉大な100組のアーティスト」第61位。同読者選出「最高のメタル・バンド ベスト10」第1位。ウォール・ストリート・ジャーナルの「史上最も人気のある100のロックバンド」8位。

Wikipedia

第五部登場、リゾット・ネエロのスタンド。
本来ならリゾットがボスを倒して第五部が終了するはずだったのにまさかのナランチャがやらかして台無しに。

小学生の時にジャンプでドッピオがカエルを食べるシーンを読んだときはジョジョって気持ち悪い漫画だなって思ってました。

メタリカのおすすめ曲
  • Battery
  • Master of Puppets
  • Enter the Sandman

キング・クリムゾン – King Crimson

キング・クリムゾン(King Crimson )は、イングランド出身のプログレッシブ・ロックバンド。略称は、現地イギリスでは Crimso(クリムソ)が通例。日本では「クリムゾン」と通称される。
同国のミュージシャン ロバート・フリップが主宰を務めていることで知られ、同分野で重要な位置に格付けられているグループの一つ。活動は中断期間を挟みながら50年に及び、ロック史に大きな足跡を刻んでいる。

Wikipedia

第五部登場、ボスのディアボロのスタンド。
このアルバムジャケットはずるすぎる、汎用性が高すぎる。

ストーン・フリー – Stone Free

第六部主人公、空条徐倫のスタンド。
これまたジミヘンの名曲です。

サビが流れたら思わず『ストーンフリー!』とシンガロングしてしまう。

ジミヘンのおすすめ曲
  • Crosstown Traffic
  • Fire
  • Foxy Lady

キッス – Kiss

キッス(KISS)は、アメリカのハード・ロック・バンド。
アメリカン・ハードロック草創期から、アメリカ東海岸を代表する世界的グループとして知られる。早くからロック界にコープス・ペイントを取り入れ、世界観をギミックしたメディアフランチャイズ(マーチャンダイズ)を展開するなど、版権ビジネスモデルの先駆けともなった。2014年『ロックの殿堂』入り。

Wikipedia

第六部、エルメェス・コステロ兄貴のスタンド。
エルメェスはとにかくカッコいい名言を残しまくってる作品でも随一の粋なキャラである。

ちなみにエルメェス・コステロの名前の由来となった「エルヴィス・コステロ」もめちゃくちゃ素晴らしいアーティストです。

Kissのおすすめ曲
  • I Was Made for Lovin’ You
  • Rock and Roll All Nite
  • Love Gun
スポンサーリンク

フー・ファイターズ – Foo Fighters

フー・ファイターズ(Foo Fighters)は、アメリカ合衆国出身のロック・バンド。
ポスト・グランジ・グループの一つで、ニルヴァーナの元ドラマー デイヴ・グロールを主宰に発足。総売り上げは2000万枚以上を記録し、「グラミー賞」を受賞するなど音楽賞ノミネートの常連でもあり高い実績を誇る。
バンド名の由来は、第二次世界大戦戦中における未確認飛行物体を指すスラング用語「フー・ファイター」から。略称は、「FF」(エフエフ)、日本では「フーファイ」。

Wikipedia

第六部登場、フー・ファイターズというキャラクターでありスタンド。
この曲プリテンダーは個人的にロックンロール史上ベスト10にランクインする名曲です!

Monkey Wrenchという曲もめちゃくちゃいい曲です!

ボーカルのデイブ・グロールがドラマーを務めていたニルヴァーナは間違いなく世界最高のバンドでした。

Foo Fightersのおすすめ曲
  • The Pretender
  • Monkey Wrench
  • All My Life

グーグー・ドールズ – Goo Goo Dolls

1986年、ニューヨーク州バッファローで結成。1987年にセルフタイトルのアルバムでデビュー。その後、バンドはヘヴィメタル・レーベルのメタル・ブレイドと契約し、アルバム『ジェッド』(1989年)、『ホールド・ミー・アップ』(1990年)を相次いでリリースした。
1993年の4枚目のアルバム『スーパースター・カー・ウォッシュ』からワーナー・ブラザース・レコードによるメジャー流通となる。1995年にはマイク・マリニンが加入して現在のラインアップとなる。
インディーズ時代から知る人ぞ知る実力派バンドとして人気を獲得していた事から「アメリカで最も有名な無名バンド」のコピーが付けられていたが、1995年リリースのアルバム『ボーイ・ネームド・グー~グーという名の少年~』からシングルカットされた「ネーム(Name)」のヒットでブレイクを果たした。

第六部登場、よおーーーしよしよしよしとチョコラータと若干被り気味でお馴染みグェスのスタンド。

Goo Goo Dollsのおすすめ曲
  • Iris
  • Slide
  • Name

ハイウェイ・トゥ・ヘル – Highway to Hell

第六部登場、変態勘違いやろうでお馴染みサンダー・マックイイーンのスタンド。
序盤で登場したお馴染みのAC/DCのめちゃ有名な曲です。

AC/DCのおすすめ曲
  • Back In Black
  • Thunderstruck
  • Shoot to Thrill

マリリン・マンソン – Marilyn Manson

マリリン・マンソン (英語: Marilyn Manson、本名:ブライアン・ヒュー・ワーナー(Brian Hugh Warner)、1969年1月5日 – )は、アメリカ合衆国のミュージシャン。ロックバンド「マリリン・マンソン」のリードヴォーカリスト。マリリン・マンソンの芸名は、マリリン・モンローとチャールズ・マンソンから取られている

Wikipedia

第六部登場、強欲で嘘つきヤロウでお馴染みミラションのスタンド、稀代の変態ことマリリン・マンソン。
しかしこのマリリン・マンソンただの変態白塗りかと思いきや意外とセンチメンタルなところもあって、”Eat me,Drink me”というアルバムではおセンチな感情を吐き出してたりします。

当時ヴィジュアル系好きはみんな好きだったと思います。

Marilyn Mansonのおすすめ曲
  • The Beautiful People
  • Rock Is Dead
  • The Fight Song

ジャンピン・ジャック・フラッシュ – Jumpin’ Jack Flash

「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」(Jumpin’ Jack Flash) は、1968年に発表されたローリング・ストーンズの楽曲。作詞・作曲はミック・ジャガーおよびキース・リチャーズ。「サティスファクション」と並び、グループの代表曲の一つとされる。

Wikipedia

第六部登場、ラング・ラングラーのスタンド。

スポンサーリンク

リンプ・ビズキット – Limp Bizkit

第六部登場、エルメェスの仇でお馴染みスポーツ・マックスのスタンド。

いやーしかしなんでしょう、いつ聴いても鼻につきますねこの声。

どうでもいいですが、荒木先生がリンプ聴いてるとこを想像するとちょっと面白いですね。

Limp Bizkitのおすすめ曲
  • Break Stuff
  • Nookie
  • Take a Look Around

ボヘミアン・ラプソディー – Bohemian Rhapsody

「ボヘミアン・ラプソディ」(Bohemian Rhapsody)は、クイーンが1975年10月31日に発表した楽曲。作詞・作曲はフレディ・マーキュリー。

Wikipedia

第六部登場、ウンガロのスタンド。
絶妙なハーモニーがたまらないですねー。

6分という長さを感じさせない曲のクオリティです。

Queenのおすすめ曲
  • Don’t Stop Me Now
  • Radio Ga Ga
  • Bicycle Race

アンダーワールド – Underworld

アンダーワールド (英: Underworld)は、イギリスのエレクトロニック・ミュージック・グループ。メンバーはカール・ハイド (Karl Hyde)とリック・スミス (Rick Smith)。

Wikipedia

第六部登場、ドナテロ・ヴェルサスのスタンド。
アンダーワールドは個人的に集中したいときのBGMとしてサイコー。

Underworldのおすすめ曲
  • Born Slippy
  • Two Months Off
  • Rez

20th Century BOY – 20th Century Boy

SOUL’d OUT – Magenta Magenta

第六部登場、マジェント・マジェントのスタンド。
20世紀少年で有名な曲であえて紹介する必要もないのでこちらを紹介します、「Magenta Magenta」

みんな大好きDiggy-Moの時代の最先端を突き進んでいたラップが堪能できます。

スタンドではないですがついでにこちらも紹介しておきます。

SOUL’d OUT – ウェカピポ

シビル・ウォー – Civil War

ガンズ・アンド・ローゼズ(Guns N’ Roses/略称GN’R)は、アメリカ合衆国出身のロック・バンド。
1980年代末からヒットを連発し、全米で4,200万枚、全世界で1億枚以上のアルバムセールスを記録した。その後、活動の停滞期が長く続いていたが、2000年代中頃からまた活発な展開をした。ウォール・ストリート・ジャーナルの「史上最も人気のある100のロックバンド」にて9位。
2012年に「ロックの殿堂」入り。ローリング・ストーン誌選出「歴史上最も偉大な100組のアーティスト」第92位。

Wikipedia

SBR(スティールボールラン)登場、アクセルROのスタンド。(アクセルROはガンズのボーカルのアクセル・ローズから)
このアルバム(Use Your Illusion)は個人的に駄作だと思ってるんですが、ファーストアルバム(Appetite For Destruction)はマジで最高な傑作アルバムです。

ガンズのおすすめ曲
  • Welcome to the Jungle
  • Sweet Child O’mine
  • Right Next Door to Hell
スポンサーリンク

チョコレイト・ディスコ – ただのそれしか言わない

Perfume(パフューム)は、中田ヤスタカがプロデュースする広島県出身の3人組テクノポップユニット。ダンスと舞台演出に特徴がある。アミューズ所属。レコードレーベルはPerfume Records / ユニバーサルJ。公式ファンクラブは「P.T.A.」

Wikipedia

SBR(スティールボールラン)登場、唐突にジャイロの前に現れたと思ったらあっけなくやられたでお馴染みディ・ス・コのスタンド。
パフュームの中でもこの曲のキャッチーさはやばいですね。一生リピートしてられますね。

僕は圧倒的にのっちが好きです!

Perfumeのおすすめ曲
  • ポリリズム
  • レーザービーム
  • TOKYO GIRL

チケット・トゥ・ライド – Ticket To Ride

第七部SBR登場、ルーシー・スティール(正確にはルーシーの肉体に宿った遺体)のスタンド。


ビートルズはいつ聴いても変わらぬ気持ちで聴けますよね。

きっと100年経ってもビートルズは愛され続けるんでしょうね。

ドギー・スタイル – Doggy Style

スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg、本名:カルバン・ブローダス、Calvin Cordozar Broadus, Jr.、1971年10月20日 – )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロングビーチ出身のヒップホップMC、俳優。以前はSnoop Doggy Dogg(スヌープ・ドギー・ドッグ)と名乗っていた。

Wikipedia

第八部ジョジョリオン登場、豆鉄礼のスタンド。
やっぱりドレーとタッグを組んでたこの頃のスヌープドッグは最強ですねー。

極上のGファンクを堪能したいなら必聴のアルバムだYo!

Snoop Doggのおすすめ曲
  • Gin and Juice
  • Who Am I (What’s My Name)?
  • Drop It Like It’s Hot

キング・ナッシング – King Nothing

ジョジョリオン登場、東方蕙助のスタンド。

メタリカのこの曲ってメタリカの中では結構マイナーな方にあたると思うんですが、ここまで精通してるってもうガチやないですか。

メタリカのおすすめ曲
  • Hardwired
  • Fight Fire With Fire
  • Through the Never

ボーン・ディス・ウェイ – Born This Way

レディー・ガガ(英: Lady Gaga)(本名:ステファニー・ジョアン・アンジェリーナ・ジャーマノッタ 英:Stefani Joanne Angelina Germanotta、1986年3月28日 – )は、アメリカ合衆国の音楽家、女優、活動家。オーストラリア・シドニー名誉市民。
革新的なダンス音楽と、並外れた歌唱力、そして独特のファッションやパフォーマンスの数々で世界的な人気を博し、史上最も売れたアーティストの一人となった。2010年代に入ってからは女優としても大きな成功を収めている。
またジェンダー差別やいじめの撲滅に向けた運動を展開するなど、活発に社会貢献活動を行っている。

Wikipedia

ジョジョリオン登場、虹村京(ニジムラ キョウ)のスタンド。
なんかもう一時期世間がレディーガガ一色みたいな時期ありましたよね。

僕はJudasが好きでした。

レディーガガのおすすめ曲
  • Poker Face
  • Bad Romance
  • Rain On Me
スポンサーリンク

カリフォルニア・キング・ベッドちゃん – California King Bed

リアーナ(Rihanna, 本名:Robyn Rihanna Fenty, 1988年2月20日 – )は、バルバドス出身の女性シンガーソングライター、女優、モデルである。身長173cm。 Def Jam Recordings所属。全世界で2億5000万以上のアルバム&シングルを販売した「認定ユニットに基づく史上最も売れ行きの良い個人アーティスト」のトップ。セント・マイケルで生まれて、音楽プロデューサーのエヴァン・ロジャースの案内により、16歳でアメリカ合衆国に移った。最初、レーベルヘッドのジェイ・Zのオーディションを受けて、デフ・ジャムと契約した。

Wikipedia

ジョジョリオン登場、エロカワでお馴染み東方大弥(ヒガシカタ ダイヤ)のスタンド。
ラストを飾るのはもちろんこれ、カリフォルニア・キング・ベッドちゃん。

リアーナはとにかく歌が上手い、そしてカワイイ!

リアーナのおすすめ曲
  • Umbrella
  • What’s My Name?
  • Work

ジョジョのスタンド元ネタまとめ

洋楽マニアが全部ではないけどジョジョのスタンドの元ネタをまとめてみました。

正直ジョジョの元ネタはどれも本物の音楽ばかりなので、みなさんも気になったら元ネタから派生してそのバンドやアーティストの他の曲などもぜひ聴いてみてはいかがでしょうか!

んでまず!

\30日間無料体験/


この記事を読んでくれた方におすすめの記事がこちらァアアァッ!