愛が溢れるグリーンデイのアルバムランキング!おすすめの名曲・代表曲と関連バンドもたっぷり紹介!!!

スポンサーリンク
グリーンデイのアルバムおすすめ洋楽
スポンサーリンク

こんにちわ、世界一グリーンデイを愛しているたぎーです。

グリーンデイのアルバムってとりあえずどれ聴けばいいんだろ?

ドゥーキー、アメリカンイディオットをとりあえず聴いてみるといいですよ^ ^

でも、でもでも、グリーンデイのアルバムって全部いいんですよ!どれ聴いてもハズレがないです!

14歳で洋楽パンクにどハマりしてからかれこれ何万回グリーンデイを聴いてきたか分からない僕が、愛に溢れすぎて今回全部のアルバムをランキング形式で紹介します!

僕の人生において1番と言ってもいいほど多大なる影響を与えたバンド、グリーンデイ。

みんなにとってのアイドルがゴマキや鈴木亜美なら、僕にとってのアイドルはビリージョーアームストロングでした。

毎日5時間以上音楽を聴き、過去年間200枚以上CDを購入していた僕が、何万回聴いたか分からないくらい愛するGREENDAYについて語っていきます。

後半ではグリーンデイの関連バンドも紹介します!

Amazon Music Unlimitedなら6500万曲以上を月額980円で聴き放題!

プライム会員ならさらにお得な月額780円!年契約なら月額650円と業界最安値で利用できちゃいます!

洋楽好きの皆様にぜひおすすめのサービスですが、最近は邦楽も充実してきました。

初回30日間無料お試し体験できるので、この機会に今すぐ登録してみましょー^ ^

\30日間無料体験/

僕の思いが詰まりまくってるので少々長い記事ですが、僕の愛がつまってるんで読んでいただけるとありがたいです!

え?読んでくれるって?本当ですか!?


みんな優しいなー

スポンサーリンク

愛が溢れるグリーンデイのおすすめアルバムランキング

愛が溢れるグリーンデイのおすすめアルバムランキング

それではグリーンデイの歴代アルバムをランキング形式で紹介していきます!

各アルバムの個人的におすすめの名曲も合わせて紹介します!

最初に言っておきますが、僕の思い出属性強めです!!!

第1位:American Idiot

2004年、メジャーレーベルのReprise Recordsより発表。

アルバムレビュー

一曲目の”American Idiot”のリフを聴いて、まずサウンドの洗練さに驚きました。

その3分弱の衝撃覚めやらぬ中、続いて”Jesus of Suburbia”へと突入。9分!?プログレかよ!って長さを感じさせないほどの圧巻のメロディ。

続く”Holiday”の冒頭のギターでまたやられる・・・こんなカンタンなリフに魂を宿すビリージョーマジック。そのまま”Boulevard of Broken Dreams”へと曲は移行していき、これも今でもライブでお馴染みなだけあり最高の名曲です。

このアルバムのメインコンセプトであるセイントジミーがそのまま曲タイトルの”St.Jimmy”も衝動的すぎてカッコいい。(アメリカンイディオットはセイントジミーという架空のキャラクターの物語となっています。)

続く”Give Me Novacaine”でしっとりアコースティックに歌ったと思ったら、”She’s a Rebel”でグリーンデイ節全開でオッ!これこれ!てなる。

“Extraordinary Girl”も甘酸っぱいビリージョーの歌声満載だし、”Letterbomb”もとにかく最高。

アルバムのハイライトともいえる”Wake Me Up When September Ends”はビリージョーが自身の亡くなった父親のことを綴った圧巻のバラード。

その後また9分弱のロックオペラ”Homecoming”が続き、ラストは”Whatsername”で締め括られる。

長くなってしまったけど、要するにアルバム全編通して最高に素晴らしいんです。アルバム通してストーリーになっているので、歌詞もチェックしてほしいです。

デラックス版だと、”Too Much Too Soon”って超グリーンデイやっててカッチョいい曲も収録されてます。

おすすめ曲をPick Up!
  • American Idiot
  • Jesus of Suburbia
  • Holiday
  • Boulevard of Broken Dreams
  • She’s a Rebel
  • Extraordinary Girl
  • Letterbomb
  • Wake Me Up When September Ends
  • Whatsername

第2位:Dookie

1994年にメジャーレーベルのReprise Recordsより発表。

アルバムレビュー

主に無気力・倦怠感などを題材にした曲が多い印象。”Longview”という曲では、「座ってテレビを見てチャンネルを1、2時間変えている。おれをパラダイスに連れてってくれ」なんていう歌詞が若者っぽい。(分かる人はわかるこの気持ち)

アルバムは最初から突き抜けてるんですが、やはりこのアルバムのハイライトは”Pulling Teeth”、”Basket Case”、”She”でしょう。ヤバすぎます。

10代をこのアルバムで過ごした人は本当に幸せだよって感じるくらい怒涛の3曲です。

特にバスケットケースは名曲中の名曲。

この曲がLiveで演奏されない、それはすなわちオカダカズチカのいない新日本プロレスのようなもんです。

40分に凝縮された若きグリーンデイのエネルギーが押し寄せてくるパンクの名盤中の名盤です。

おすすめ曲をPick Up!
  • Pulling Teeth
  • Basket Case
  • She
  • When I Come Around
スポンサーリンク

第3位:Nimrod

1997年、メジャーレーベルのReprise Recordsより発表。

アルバムレビュー

前作ではパニック障害になったりと心身共に病んでしまい、そこから2年間の休息を経て1997年に発表されたアルバム。

今作では様々な音楽的要素を取り入れ格段に進化したグリーンデイを堪能できるのと同時に、この曲入れる必要あった?みたいな曲もしばしばあります。

今でもライブで演奏される”Hitchin’a Ride”や、グリーンデイが炸裂する”The Grouch”や”Scattered”に”Worry Rock”など普通にいい曲がたくさん収録されてます。

グリーンデイでは珍しい”Last Ride In”といったインスト曲もあります。

ラストの”Good Riddance(Time of your life)”は必聴ソングです。

グリーンデイ得意の泣きのメロディは健在どころかさらに磨きがかかってるのと、いわゆる「ポップパンク」というカテゴリーから脱却しようと実験的なことをいろいろやっており、それが功を奏していますね。

おすすめ曲をPick Up!
  • Hitchin’ a Ride
  • The Grouch
  • Redundant
  • Scattered
  • Worry Rock
  • King for a Day
  • Good Riddance(Time of your life)

第4位:Warning

2000年、メジャーレーベルのReprise Recordsより発表。

アルバムレビュー

前作ニムロッドよりさらにギターの歪みがなくなり初期の頃の勢いというのはすっかり失われたがグリーンデイ節は全開な一枚。

一曲目の”Warning”でいきなりのアコースティックにびっくりする。でもグリーンデイのメロディは健在だ。どうしよう。

ギターはどれも歪みが少なく、まさかこの数年後にアメリカンイディオットをリリースするとは想像もできない。

“Waiting”なんかハシャいでるMVとは裏腹にメロディはたまらなく素敵だし、ラストの”Macy’s Day Parade”なんかは後のグリーンデイに通じる部分がありますが、このアルバムといえばやはり”Minority”でしょう。

当時アメリカではあまり売れなかったらしいんですが、日本では結構売れたらしいんで日本人が好みそうな音楽に仕上がってるんですかね。

ちなみにこのアルバムは僕が14歳の時にめっちゃ聴いてたアルバムなので思い出属性かなり強めです。

おすすめ曲をPick Up!
  • Church on Sunday
  • Castaway
  • Waiting
  • Minority 
  • Macy’s Day Parade
スポンサーリンク

第5位:21 Century Breakdown

2009年、メジャーレーベルのReprise Recordsより発表。

アルバムレビュー

なにこの太いギターサウンド!たまらんのだけど!プロデューサーは誰なんだい?え?ブッチヴィグ!?さすがブッチヴィグ!そこにシビれる!あこがれるゥ!!!

さすがニルヴァーナの「Nevermind」をプロデュースしただけあってサウンド作りが抜群にうまいです。ギターにより厚みがでました。

アメリカンイディオットという歴史的名盤の後というプレッシャーを跳ね除けまたもや名盤を発表。

ピアノの美しい音色からグリーンデイ全開になる”Viva La Gloria”、新しい一面を覗かせた”Christian’s Inferno”、美しいバラードソング”Last Night on Earth”、ギターのサウンドがヤバすぎる”East Jesus Nowhere”や”Horseshoes and Handgrenades”などヤバイ曲ばかりです。

グリーンデイをさらにネクストレベルに押し上げた超名盤ですね。

おすすめ曲をPick Up!
  • Viva La Gloria
  • Christian’s Inferno
  • East Jesus Nowhere
  • Murder City
  • Horseshoes and Handgrenades
  • The Static Age

第6位:1039/Smoothed Out Slappy Hours

1991年、インディーレーベルのルックアウツレコードより発表。

アルバムレビュー

僕の初めて買ったグリーンデイのアルバムで思い出しかないので、思い出属性が半端なく強いです。

このアルバムなにが凄いって、制作日数三日間、制作費用600ドルとかそんなことよりもこのアルバム出した時、彼らがまだ18歳とかそこらってこと

音はチープなんだけどビリージョーの歌声がそれを感じさせないです。既にグリーンデイとしてほぼ完成されてます。

ドラマーがトレ・クールではなくジョンキフメイヤーなのでリズムが単調だけど、若さが溢れ出てる感じがして逆に良い空気感を生んでます。

今でも時折ライブで演奏される初期の名曲“Going to Pasalacqua”や、現ランシドのティム・アームストロングとマット・フリーマンが在籍していたイースト米パンクシーンの伝説的バンド、オペレーション・アイヴィーのカヴァー曲“knowledge”など隠れた名曲が多数収録されています。

おすすめ曲をPick Up!
  • Disappearing Boy
  • Going to Pasalacqua
  • knowledge
  • Dry Ice
スポンサーリンク

第7位:Revolution Radio

2016年、メジャーレーベルのReprise Recordsより発表。

アルバムレビュー

40歳すぎてこんなに熱量あるアルバムを作れるなんてすげーなと感心する一枚。

エンジン全開の”Bang Bang”からの”Revolution Radio”の流れが最高にカッコいいのと、”Outlaws”のサビが胸熱すぎます。

“Youngblood”や”Too Dumb to Die”といった往年のグリーンデイを彷彿とさせる曲もあって、全体的に平均点が高いアルバムです。

おすすめ曲をPick Up!
  • Bang Bang
  • Revolution Radio
  • Still Breathing
  • Too Dumb To Die

第8位:Kerplunk!

1992年にルックアウツより発表されたセカンドアルバム。

アルバムレビュー

ジョンキフメイヤーが大学進学のため脱退し元ルックアウツのトレクールが加入して初のアルバムで、聴くとすぐ分かります、あートレが叩いてるーって。

トレが加入したことでグリーンデイサウンドが確立しましたね。

現奥さんのことを歌った”2000 Light Years Away”や”One of My Lies”などモロにグリーンデイを堪能できます。

かつてビリージョーアームストロングは”喪失”を埋めるために音楽があると語っていたそうなんですが、前作と今作と所々にどことなく漂ってるんですよね、喪失感。

音楽って、心にポッカリ空いた穴を埋めてくれるんですよねー。

ちなみにMy GenerationはThe Whoのカヴァーですね。この曲は日本でも結構カヴァーしている人がいるので知ってる人も多いのではないでしょうか。

おすすめ曲をPick Up!
  • 2000 Light Years Away
  • Christie Road
  • One of My Lies
  • 80
  • Who Wrote Holden Caulfield?
  • My Generation
スポンサーリンク

第9位:Insomniac

1995年、メジャーレーベルのReprise Recordsより発表。

アルバムレビュー

不眠症というタイトルにある通り、突然メインストリームに押し上げられ年間11ヶ月というブラック企業も真っ青のライブスケジュールを行い、パンクの聖地ギルマンストリートからはセルアウトしたという理由で追放されてしまった当時のグリーンデイの状況が感じられる一枚。

アルバムは全体的にどことなく重めの雰囲気があり、個人的には嫌いじゃないですが、アルバムの中ではやはりかなり下の方にランクします。

昔Linkっていう日本のパンクバンドのメンバーがビリージョーにこのアルバムが一番好きっていったら、「あっそ」って感じで素っ気ない態度だったそうなので、本人たちもあまり好きじゃないのかなと。

ちなみにBratは二十歳くらいの頃に5個上の人妻にこの曲が好きだと言ったら、『そんなに良い曲かなあ?』と言われましたので、人妻にはウケが悪いかもしれません。

おすすめ曲をPick Up!
  • Brat
  • Stuck with Me
  • Geek Stink Breath
  • 86

第10位:Shenanigans

2002年発表のシングルB面を寄せ集めたアルバム。

アルバムレビュー

普通こうゆうアルバムってまあこんなもんだよね程度なんだけど、このアルバムは捨て曲ないくらいクオリティ高いです。

さすがグリーンデイ、そこにシビれる!あこがれるゥ!

ラモーンズのカヴァー曲”Outsider”やキンクスのカヴァー曲”Tired of Waiting For You”など、カヴァーも多く含まれてマッシュ。

おすすめ曲をPick Up!
  • Desensitized
  • Outsider
  • I Want To Be On TV
  • Tired of Waiting For You
  • Sick of me
  • Ha Ha You’re Dead
スポンサーリンク

第11位:UNO

2012年発表の三部作第一弾。

アルバムレビュー

当時TOKYOで散財して財布に3000円くらいしかないのにこのアルバム買いました。

新しく始めた仕事の同期の女の子と帰りに一緒にご飯食べに行くってのに寄り道してこのアルバム買うってゆうね、今考えるとほんと我ながら終わってます。

「お金貸そうか?」なんて言われてね。

あーおれってパンクだなーって

ちょうどこの頃ビリージョーもジャスティンビーバーが長引いて自分達の演奏時間が短くなったことに腹を立てて暴れ散らかしましたよね。

そんな僕の思い出が詰まった素敵なアルバムです、聴いてください。

おすすめ曲をPick Up!
  • Nuclear Family
  • Stay the Night
  • Carpe Diem
  • Let yourself Go

第12位:TRE

2012年発表の三部作第三弾。

アルバムレビュー

グリーンデイならまあこれくらいのアルバムは余裕で作れちゃうよねって感じで、特にこれと言って特筆すべきことがないアルバムです。

おすすめ曲をPick Up!
  • 8th Avenue Serenade
  • 99 Revolution

第13位:DOS

2012年発表の三部作第二弾です。

アルバムレビュー

こちらもTRE同様あまり特筆することがないアルバムです。

僕も流石に気づきました、前作を超えるのは無理だと悟りどうしようもなくなって3部作品っていうのを売りにして誤魔化そうとしたことに。

おすすめ曲をPick Up!
  • Stop When The Red Light Flash
  • Stray Heart
  • Amy
スポンサーリンク

グリーンデイの関連バンドも合わせて紹介

グリーンデイの関連バンドも合わせて紹介

グリーンデイ以外のバンドも紹介しちゃいます!

Pinhead Gunpowder

92年?あたりからビリージョーとジェイソンホワイト達がやってるバンドです。気が抜けたグリーンデイって感じで、インディーに居続けたらこんな感じになってたのかな?って。

肩の力を抜いて遊びでやってるって感じなんですが、普通に曲のクオリティ高いんすよね。

地元の気の合う仲間とこんなバンドをやるって、幸せそのものじゃんね。

オススメのアルバムは、2009年リリースの「Kick Over The Traces」です。

おすすめ曲をPick Up!
  • West Side Highway
  • Losers Of The Year
  • Find My Place
  • At Your Funeral
  • Anniversary Song

The Network

誰がやってるかは明らかにされていないが歌声を聴くと誰かすぐわかります笑

グリーンデイっぽさは全くないですが、それが逆に新鮮です。グリーンデイってこんな曲も作れるんだーって感じですね。

アメリカンイディオット作成時におふざけでやってたようなバンドなんですが、アルバムのクオリティは恐ろしく高いです。

あえて何も知らない状態で聴いてみてほしいですね。

2003年に、「Money Money 2020」というアルバムをリリースしています。

おすすめ曲をPick Up!
  • Transistors Gone Wild
  • Reto
  • Supermodel Robots
  • Spike
  • Roshambo

そしてなんとまさかの活動再開!2020年に「Money Money 2020 Pt 2: We Told Ya So!」をリリースしています。

Foxboro Hot Tubs

こちらは公式にグリーンデイのメンバーと発表されている覆面バンドです。

このバンドも”21 Century Breakdown”作成時の息抜き程度のバンドだったと思うんですが、曲のクオリティ抜群に高いんですよね。エルヴィス・コステロっぽいアプローチもあったりして僕は好きです。

もう適当に作ったとしてもこんくらいのクオリティの曲は作れちゃうんでしょうね。

2008年に「Stop Drop And Roll!!!」というアルバムをリリースしています。

おすすめ曲をPick Up!
  • Stop Drop And Roll!!!
  • Mother Mary
  • Ruby Room
  • She’s A Saint Not A Celebrity
  • The Pedestrian

Billie Joe & Norah

ビリージョーとノラジョーンズのコラボ。

そんなん最高に決まっているじゃない!

バーでこのアルバムかかってたら最高でしょうね。

2013年に「Foreverly」というアルバムをリリースしています。

グリーンデイおすすめアルバムランキングと関連バンド紹介まとめ

とゆーわけで今回好き勝手グリーンデイを紹介してみました。

少しでも気になったらとりあえず聴いてみてほしいですね。ストリーミングでもガンガン聞けちゃうんで。

この記事を読んだ誰か一人でも興味を持ってくれたり参考になったら嬉しいです。

んでまず!

\30日間無料体験/

この記事を読んでくれた方におすすめの記事がこちら

全世界がぶっ飛んだ珠玉のパンク名盤を年代別に一挙紹介しちゃうよ!
こんにちは、アラサーパンクスのたぎーです。最近パンクロックに目覚めたんだけど、どのアルバムがおすすめなんだろ...
聴けば人生観変わる洋楽パンクバンド!メジャーからインディー!60〜00年代!一挙紹介!
パンクバンドって色々いるけどどれがいいんだろ紹介します!14歳からパンクにどっぷり浸かり毎日5時間以上音楽聴いてる僕がめっちゃ紹介します!僕の好きなパンクバンドしか紹介しません!あと、自分で聴いたことないバンドは絶対紹介しません。毎日5時間
【歴史を変えた】90年代の伝説的洋楽ロック名盤!!!
90年代の洋楽ロックの名盤を知りたい!こんな方に向けて、ロックの歴史を変えるほど強烈なインパクトを与えた9...
【中毒性やばい】おすすめ洋楽ポップパンクバンド紹介!名盤を添えて
こんにちは、14歳からパンク漬けのたぎーです!今回はガチパンクスからは嫌われがちな洋楽ポップパンクバンドを紹介します!...
【歴史に刻まれた】一生涯聴ける洋楽ロックの名盤【60〜00年代】
こんにちは、いくつになっても胸の奥にはロック魂たぎーです!近頃あまりギターミュージックって世間で聴かなくなりましたよね...