【超ポップ!】Simple Planのおすすめアルバムと名曲紹介するよ!

スポンサーリンク
おすすめ洋楽
スポンサーリンク

こんにちは、パンク大好きたぎーです。

2000年以降に登場した俗にいう『ポップパンク』に当時一部のバンドを除いて全然ハマらなかったのに、なぜだか30歳過ぎてからどハマりするという謎の現象発生中!!!

ふつー若者がハマるんじゃないの!?

シンプルプランなんて当時まったく聴いてなかったけど令和を迎えてからなぜかヘビロテ。

この記事の内容
  • Simple Planってどんなバンド?
  • Simple Planのおすすめアルバム紹介
  • Simple Planの名曲紹介

せっかくなのでちょっくら紹介します。

年代問わずパンクの名盤を知りたい!!!って方、オススメの洋楽パンクバンドを知りたい!!!って方は下記の記事を参考にしてみてください。

>>>全世界がぶっ飛んだ珠玉のパンク名盤30選!!!【年代別に紹介】

>>>聴けば人生観変わる洋楽パンクバンド紹介!メジャーからインディー!60〜00年代!

スポンサーリンク

Simple Planってどんなバンド?

Canada(キャナダ)はモントリオール出身のポップパンクバンド。

かなりの親日家で知られています。カナダ出身の人って日本好き多い気がする。

2002年に”No Pads, No helmets…Just Balls”でメジャーデビュー、アルバムは200万以上の売り上げを記録。

セカンドアルバム”Still Not Getting Any…”は300万以上の爆発的ヒットを記録。

2000年代初頭のポップパンク全盛期に大活躍したバンドといえます。

メンバー
  • ピエール・ブーヴィエ – ボーカル
  • セバスチャン・ルフェーヴル – ギター、バッキングボーカル
  • ジェフ・スティンコ – リードギター
  • デヴィッド・デロシアーズ – ベース、バッキングボーカル
  • チャック・コモー – ドラムス

歴代アルバム
  • No Pads, No helmets…Just Balls – 2002年リリース
  • Still Not Getting Any… – 2004年リリース
  • Simple Plan – 2008年リリース
  • Get Your Heart On! – 2011年リリース
  • Taking One for the Team – 2016年リリース

シンプルプランのおすすめアルバム紹介!

僕の個人的おすすめアルバムを紹介します!

やはりね、パンクバンドって初期衝動が物凄いバンドが多いんですよね。

例に漏れず、このシンプルプランも初期の頃の楽曲の勢いが半端ねえです。

とゆーわけで、僕のおすすめアルバムはまずはコチラ。

おすすめアルバム!『No Pads, No helmets…Just Balls』

アルバムレビュー

2002年リリースのファーストアルバム。

ポップパンク全開!英語が苦手でも分かりやすいフレーズが多くシンプルで中毒性抜群なメロディが脳内を満たす!

シンガロング必死な楽曲多数!初期衝動まっしぐら!

『No Pads, No helmets…Just Balls』の名曲!代表曲!

I’d do Anything

一回聴いたら何度もリピートしてしまうメロディが冴え渡る。

当時のポップパンクシーンを彷彿とさせるようなMVが今見るとたまらんですね。

僕もディッキーズとか履いてました。

I’d do Anythingってどんな意味?

「なんでもするよ」という意味です。

”I’d do Anything for you.”で、「君のためならなんでもするよ」という意味になります。

I’m Just a Kid

こちらもサビが分かりやすくて歌いやすい。

いいこと言ってるので歌詞にも注目していただきたい。

Perfect

とにかくメロディがいい雰囲気。とにかくメロディがいい雰囲気。

大事なことだから二回言いました。

おすすめアルバム!Still Not Getting Any…

アルバムレビュー

2004年リリースのセカンドアルバム。

かの超有名なプロデューサー「ボブ・ロック」を迎えてリリース。前作よりめちゃ音に厚みが出て重厚なサウンドが目立つ。

でもメロディは捨ててない!いや、むしろ格段によくなってるすらある!

『Still Not Getting Any…』の名曲!代表曲!

Shut Up

サビのエゲツないキャッチーさ。

シンプルプランの楽曲では一番にシンプルで分かりやすい。

Welcome to My Life

生きることの苦しみや葛藤を綴った歌が身に染みるゥ!

世の中見渡して、こうゆう曲って最近減った気がする。

ポップス寄りの2作もおすすめ

2011年リリースの『Get Your Heart On! 』と2016年リリースの『Taking One for the Team』はポップスよりが好きな方におすすめです。

ポップパンクというよりはポップス路線強めな感じです。

「当時こんな雰囲気の曲流行ったよね」みたいな曲がチラホラある印象。

まとめ:シンプルプランはどこまでもポップ

三十路過ぎてから聴くSimple Planめっちゃいいじゃない。

2000年以降のパンクバンド含め、パンクの名盤と超かっくいーパンクバンドについては下記記事で紹介してるので参考にしてみてください^ ^

>>>全世界がぶっ飛んだ珠玉のパンク名盤30選!!!【年代別に紹介】
>>>聴けば人生観変わる洋楽パンクバンド紹介!メジャーからインディー!60〜00年代!

んでまず!