ホワイト・ストライプスの名盤と名曲といえばコレッ!

スポンサーリンク
ホワイト・ストライプスの名盤と名曲といえばコレッ!おすすめ洋楽
スポンサーリンク

こんにちは、ロック大好きたぎーです!

古き良きロックンロールを体現するバンド、The White Stripes(ホワイト・ストライプス)の名盤と名曲を怒涛の勢いで紹介します。

まあね、正直ホワイトストライプスはハズレがないのでどのアルバムを聴いても間違いないです。

Amazon Music Unlimitedなら6500万曲以上を月額980円で聴き放題!

プライム会員ならさらにお得な月額780円!年契約なら月額650円と業界最安値で利用できちゃいます!

洋楽好きの皆様にぜひおすすめのサービスですが、最近は邦楽も充実してきました。

初回30日間無料お試し体験できるので、この機会に今すぐ登録しちゃいましょう^ ^

\30日間無料体験/

そんな中、僕の超個人的おすすめを紹介というより押し付けます。

スポンサーリンク

The White Stripes(ホワイト・ストライプス)ってどんなバンド?

The White Stripes(ホワイト・ストライプス)ってどんなバンド?

1997年結成、アメリカはデトロイト出身で、ガレージロックといえばまさにこのバンドのこと。

メンバー
  • Jack White(ジャック・ホワイト) – ボーカル、ギターなど
  • Meg White(メグ・ホワイト) – ドラムス、ボーカル

当初は兄弟バンドという話だったが実は元夫婦だったことが発覚。

ジャック・ホワイトは「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」で17位にもなっています。

ドラムが下手とよく言われていますが、個人的にはこのくらいの方がバンド的にちょうどよくない?って思います。

上手い下手よりも「バンドに合うか合わないか」かなと。

徹底してアナログにこだわっているので、ガレージ好きには最高なバンドです。

2011年に解散を発表しました。

歴代アルバム
  • The White Stripes – 1999年リリース
  • De Stiji – 2000年リリース
  • White Blood Cells – 2001年リリース
  • Elephant – 2003年リリース
  • Get Behind Me Satan – 2005年リリース
  • Icky Thump – 2007年リリース

この中から、僕的名盤を紹介していきます。

The White Stripes(ホワイト・ストライプス)のおすすめアルバム!

The White Stripes(ホワイト・ストライプス)のおすすめアルバム!

Elephant

アルバムレビュー

2003年リリース、初のビルボードトップ10入りを果たし、グラミー賞で最優秀オルタナティブミュージックアルバムを受賞。

楽曲だけ聴くと、「本当に二人で演奏してるのか?」と疑うほどのグルーブ感を感じられます。

1曲目の”Seven Nation Army”でもう満足ゥ!って感じなんですが、その後も極上のガレージ的ロックンロールが押し寄せてきます。

名盤中の名盤とはまさにこのこと!

おすすめ曲
  • Seven Nation Army
  • Black Math
  • In The Cold, Cold Night
  • You’ve Got Her In Your Pocket
  • The Hardest Button to Button

Icky Thump

アルバムレビュー

2007年リリース、バンドとしては事実上のラストアルバム。

音がとにかくぶ厚い、重厚なギターサウンドが圧倒的。

前作の”Get Behind Me Satan”で多様されていたピアノは今作では使用されず、とにかく重厚なサウンドが支配します。

4曲目の”Conquest”はパティ・ペイジという方が1952年にヒットさせた曲のカヴァーだそうです。

とにかくサウンドの変化と厚みを堪能したい名盤!

おすすめ曲
  • Icky Thump
  • You Don’t Know What Love Is (You Just Do as You’re Told)
  • Bone Broke
  • Little Cream Soda
  • Rag and Bone

The White Stripes(ホワイト・ストライプス)の名曲!代表曲!

The White Stripes(ホワイト・ストライプス)の名曲!代表曲!

Apple Blossom

2000年リリースアルバム、”De Stiji”収録曲。

シンプルなギターとメロディがたまんねえ。

後の作品に比べると物足りない部分があるが、だがそれがいい。

Fell In Love With a Girl

2001年リリースアルバム、”White Blood Cells”収録曲。

ガレージ全開でとにかくカッコいい、初期の荒々しい雰囲気があってシビれる。

レゴブロックを使用したMVも必見!

Seven Nation Army

2003年リリースアルバム、”Elephant”収録曲。

バンドの人気を決定づけた1番の代表曲。

思わず歌っちゃうようなクセになるギターが印象的。

Blue Orchid

2005年リリース、”Get Behind Me Satan”収録曲。

シンプルなギターリフが続くがずっと聴いてられる。

僕は初めてこの曲のMVを観てアルバム即買いしました。

Icky Thump

2007年リリースアルバム、”Icky Thump”収録曲。

この曲はとにかくギターサウンドがカッコいい!それに尽きる!

ベースレスとは思えない圧倒的なサウンドです。

まとめ:ガレージロック聴くならホワイトストライプス 

二人で演奏してるとは思えない圧倒的重厚サウンド、確かなテクニックがあるからこそできる芸当、素晴らしい!

ギタリストなら一度は参考にしたいプレイもたくさんあって超かっこいいい!

ガレージロックは雰囲気的にレコードで聴くのがおすすめですが、ストリーミングなら格安で手軽に聴けるのでおすすめです。

ストリーミングのメリット
  • スマホとイヤホンさえあれば、いつでもどこでも好きな音楽が聴ける
  • その時の気分で世界中の多種多様なジャンルの好きな音楽が聴ける
  • 物が増えないので荷物にならない、場所を取らない
  • カテゴリで検索して適当に流してると新たな音楽を発見できる
  • 月額980円と格安で利用できる

僕はストリーミングで音楽を聴き始めてから、以前よりも幅広い様々な音楽を聴くようになりさらに音楽を楽しめるようになりました。

Amazon Music Unlimitedはアマゾンプライム会員ならさらにお得な月額780円、年契約なら月額650円と業界最安値で利用できちゃいます。

初回30日間無料お試し体験できるので、この機会に今すぐ登録しちゃいましょう^ ^

\30日間無料体験/

この記事が参考になったら嬉しいです。

んでまず!

▼この記事を読んでくれた方におすすめの記事がコチラ