【絶対聴いてね!】2000年代の伝説的洋楽ロック名盤!!!

スポンサーリンク
【絶対聴いてね!】2000年代の伝説的洋楽ロック名盤!!!おすすめ洋楽
スポンサーリンク

こんにちは、ロック大好きたぎーです!

今回は、『2000年代の伝説的洋楽ロック名盤』を紹介します。

00年代初頭はポップパンクが一大ブームを巻き起こしましたが、同時にエモやポストパンク、ロックンロールリバイバル旋風なんかもありました。

時代がヒップホップ全盛になる前のロックンロール、どれもかっこいいです!

ここで朗報です!Amazon Music Unlimitedなら6500万曲以上を月額980円で聴き放題!

プライム会員ならさらにお得な月額780円!年契約なら月額650円と業界最安値で利用できちゃいます!

洋楽好きの皆様にぜひおすすめのサービスですが、最近は邦楽も充実してきました。

初回30日間無料お試し体験できるので、この機会に今すぐ登録してみましょー^ ^

\30日間無料体験/

僕が10代の暗黒の青春時代を謳歌した00年代のロック名盤を紹介するよ!

スポンサーリンク

2000年代の伝説的洋楽ロック名盤!!!

【絶対聴いてね!】2000年代の伝説的洋楽ロック名盤!!!

At the Drive-In – Relationship of Command

2000年リリース、伝説的ポストハードコアバンド、アットザドライブインの伝説的アルバム。

バンドの熱量が詰まりまくっており、エモいヴォーカルと高次元の曲展開に魅了される。

“Sleepwalk Capsules”の『ど!ど!ど!ど!童貞ちゃうわ!』の空耳も含めて必聴なのである!

おすすめ曲
  • Arcarsenal
  • One Armed Scissor
  • Sleepwalk Capsules

The Strokes – Is This It

2001年リリース、とにかくクールなロックンロールが素敵やん、ストロークスのデビュー作。

感情を揺さぶるようなメロディや歌はない、ただひたすらにシンプルでクールなロックンロールが突き抜ける。

クセがないのでいつなんどきどこにでもフィットする名盤だよ!

おすすめ曲
  • Someday
  • Last Nite
  • Hard to Explain

Weezer – Weezer (Green Album)

2001年リリース、泣き虫ロック親日で有名なアメリカのバンド、ウイーザーの超名盤。

とにかくポップでキャッチーな楽曲がずらり、全10曲で28分に詰め込まれた小宇宙(コスモ)。

燃えろオレの小宇宙よ!

おすすめ曲
  • Photograph
  • Island In the Sun
  • Knockdown Dragout

System Of A Down – Toxicity

2001年リリース、変態的サウンドとギタープレイでお馴染みのアメリカのバンド、システムオブアダウンのセカンドアルバム。

ハードロック、オルタナティブメタル的サウンドで日本ではあまり人気が出なそうだけど世界的には1200万以上売り上げた大大大傑作。

誰にも真似できない変則的メロディと変態的アプローチは他の追随を許さない、新たな音楽に出会いたいなら絶対聴くべき!

おすすめ曲
  • Prison Song
  • Needles
  • Chop Suey!

The White Stripes – Elephant

2003年リリース、デトロイトが産んだ2000年代を代表するガレージロックバンド、ホワイトストライプスのグラミー賞受賞アルバム。

メンバー二人、ベースレスとは思えない圧倒的サウンドが支配するのは正に小宇宙(コスモ)。

キミは小宇宙(コスモ)を感じたことはあるか!感じたいならこのアルバムをチェック!

おすすめ曲
  • Seven Nation Army
  • In The Cold, Cold Night
  • The Hardest Button to Button

LINKIN PARK – Meteora

2003年リリース、ニューメタルを更に進化させたサウンドで時代を勝ち取ったリンキン・パークのセカンドアルバム。

ラウドなミクスチャーサウンドに時折入るラップ、極め付けはチェスターの感情溢れる歌声。

重低音鳴り響くスピーカーで爆音で轟かせるべし!

おすすめ曲
  • Somewhere I Belong
  • Faint
  • Numb

Evanescence – Fallen

2003年リリース、当時”Bring Me to Life”が逆に嫌いになる程ヘビロテされてた女性ボーカルバンド、エヴァネッセンスのメジャーデビューアルバム。

ゴシックな雰囲気と当時ではモダンなロックがたまらない。

1500万枚以上売り上げた、洋楽ファンなら一度は耳にした超名盤!

おすすめ曲
  • Bring Me to Life
  • Everybody’s Fool
  • My Immortal

The Mars Volta – Deloused In the Comatorium

2003年リリース、前述した”At the Drive-In”の一部メンバーが解散後に結成したバンドのデビュー作。

圧倒的な演奏力で作り上げる複雑怪奇で難解な曲展開の楽曲の数々はまさに歯車的砂嵐の小宇宙。

いまだかつて人類が体験したことのない衝撃的な音楽がここにある!

おすすめ曲
  • Inertiatic ESP
  • Roulette Dares (The Haunt Of)
  • Drunkship Of Lanterns

JET – Get Born

2003年リリース、古き良きロックンロールが鳴り響くオーストラリアのバンド、ジェットのデビューアルバム。

お馴染みのメロディって感じのものばかりなんだけど、ついつい聴いてしまう。

古き良きロックサウンドが好きな方におすすめ!

おすすめ曲
  • Are You Gonna Be My Girl
  • Rollover D.J.
  • Cold Hard Bitch

Green Day – American Idiot

2004年リリース、後のポップパンクバンドに多大すぎる影響を与えたパンクバンド、グリーンデイの超名盤。

壮大なパンク・オペラと言える、アルバム全編通してストーリー仕立てになっている歌詞のメッセージ性の強さと楽曲の鋭さは00年代ピカイチ。

君は今、伝説の中にいる!全曲名曲の超超超名盤!

おすすめ曲
  • American Idiot
  • Holiday
  • Boulevard of Broken Dreams

The Killers – Hot Fuss

2004年リリース、口ずさみやすいメロディが多いアメリカのバンド、キラーズのデビューアルバム。

キーボードやシンセサイザーを多用したニューウェイブサウンドが特徴的で、先にイギリスで人気に火がついたバンド。

人によっては退屈に感じるかもしれないけど、好きな人はめっちゃ好き!ニューウェイブ好きなら必聴!

おすすめ曲
  • Mr.Brightside
  • Somebody Told Me
  • Smile Like You Mean It

Franz Ferdinand – Franz Ferdinand

2004年リリース、スコットランド出身でデビューが31歳と遅咲きのバンド、フランツ・フェルディナンドのデビュー作。

『女の子が踊れるような音楽を作る』という通り、ダンサブルなリズムが多く、ダンスフロアで流れても違和感ないようなバンドサウンドを実現している。

踊れるロックを楽しめる、名盤だよ!

おすすめ曲
  • Take Me Out
  • The Dark of the Matinee
  • This Fire

Nine Inch Nails – With Teeth

2005年リリース、インダストリアルロックで知られるアメリカのバンド、ナイン・インチ・ネイルズのアルバム。

フロントマンのトレント・レズナーはアルコールと薬物依存に陥っていたが今作で見事復帰。

インダストリアルの真髄を体感せよ!

おすすめ曲
  • The Hand That Feeds
  • Every Day Is Exactly the Same
  • Only

Fall Out Boy – From Under the Cork Tree

2005年リリース、エモ・ポップパンクの中では絶大な人気を誇るアメリカはシカゴのバンド、フォールアウトボーイのセカンドアルバム。

エモとパンクが絶妙に混じり合って聴きやすい、曲名がいちいち長いのが難点。

エモ・パンクでは絶対的名盤!

おすすめ曲
  • Dance, Dance
  • Sugar, We’re Goin Down
  • A Little Less Sixteen Candles, a Little More “Touch Me”

PANIC! AT THE DISCO – A Fever You Can’t Sweat Out

2005年リリース、バンド名から一見パーティーソング的なバンドを連想させるが実はエモなパニック!アットザディスコのデビュー作。

エモーショナルなヴォーカル、高い演奏力などデビューアルバムにして完成度が高い。

『パニック!アットザディスコ』ただのそれしか言わない、エモロック好き必聴!

おすすめ曲
  • Lying Is the Most Fun a Girl Can Have Without Taking Her Clothes Off
  • But It’s Better If You Do
  • I Write Sins Not Tragedies
スポンサーリンク

Red Hot Chili Peppers – Stadium Arcadium

2006年リリース、とにかくヤンチャでファンキーなレッチリの二枚組大傑作。

映画デスノートにも起用された”Dani California”や”Snow”など、とにかく名曲が豊富。

ファンク・泣きメロ・壮絶ギターソロなど、全てが良い感じに高いレベルで混ざり合った超名盤!

おすすめ曲
  • Charlie
  • Torture Me
  • Wet Sand
  • Tell Me Baby
  • Make You Feel Better
  • Animal Bar

Muse – Black Holes and Revelations

2006年リリース、最強のスタジアムバンド、ミューズの4作目。

ダンスビートやプログレ的展開、エレクトロニックサウンドなどを大胆に取り入れ、政治的メッセージも強めの力作。

聴いてると小宇宙(コスモ)を漂ってるような気持ちになる超名盤!

おすすめ曲
  • Starlight
  • Supermassive Black Hole
  • Invincible

My Chemical Romance – The Black Parade

2006年リリース、エモ・パンクとして知られるバンド、通称マイケミの『ブックオフで中古で大量に出回るほど』売れた傑作。

前作とは打って変わって、ビートルズやクイーンなどに強い影響を受けた楽曲が目立ちます。

エモやポップパンクの息を大幅に超えた傑作!

おすすめ曲
  • Welcome to the Black Parade
  • I Don’t Love You
  • Cancer

Arctic Monkeys – Whatever People Say I Am, That’s What I’m Not

2006年リリース、UKロック全開!全英初登場1位を記録したアークティック・モンキーズのデビューアルバム。

UKロックとかガレージロック的なのが好きならモロどハマりするんじゃないかーっていうバンド。

聴いてるとなんだかオシャレな気分になれる、UKの風あふれる名盤!

おすすめ曲
  • The View from the Afternoon
  • I Bet You Look Good on the Dancefloor
  • When the Sun Goes Down

Radiohead – In Rainbows

2007年リリース、好き嫌いがはっきり分かれるバンド、レディオヘッドがアルバムの購入価格をリスナーが自由に設定できることで話題を呼んだ意欲作。

バンドサウンドとエレクトロニックサウンドの調和が完璧で、レディオヘッドの中では比較的聴きやすいアルバム。

”OK Computer”や”Kid A”あたりを聴いてハマらなかった人に聴いてほしいアルバム!

おすすめ曲
  • 15 Step
  • House of Cards
  • Jigsaw Falling Into Place
  • Go Slowly
  • Last Flowers
  • Bangers + Mash

2000年代の伝説的洋楽ロック名盤まとめ

2000年代はロックンロールリバイバルもあり様々な名盤がありましたね。

今後も新たな名盤、別記事でも他年代や他ジャンルの名盤など紹介していくのでぜひチェックしてみてくださいね^ ^

もしストリーミングで音楽を聴くならAmazon Music Unlimitedがおすすめです。

まず音楽ストリーミングサービスを利用するメリットですが、

ストリーミングのメリット
  • スマホとイヤホンさえあれば、いつでもどこでも好きな音楽が聴ける
  • その時の気分で世界中の多種多様なジャンルの好きな音楽が聴ける
  • カテゴリで検索して適当に流してると新たな音楽を発見できる
  • 物が増えないので荷物にならない、場所を取らない
  • 月額980円と格安で利用できる

さらに、Amazon Music Unlimitedはアマゾンプライム会員ならさらにお得な月額780円、年契約なら月額650円と業界最安値で利用できます。

手軽に利用できて、初回30日間無料お試し体験できるのでこの機会に今すぐ登録しちゃいましょう^ ^

\30日間無料体験/

んでまず!

▼この記事を読んでくれた方におすすめの記事がコチラ