ニルヴァーナのおすすめアルバムは全部!名曲と代表曲も合わせて紹介するよ!

スポンサーリンク
ニルヴァーナのおすすめアルバムは全部!!!おすすめ洋楽
スポンサーリンク

こんにちは、14歳からグランジとパンクにどハマりしてるたぎーです。

たまにはポップじゃないのが聴きたい

なんだか感傷的な気分だから、今のこの気分にあった曲ってないかな

感情を吐き出せる音楽ないかな

もう世界にうんざり

そんな人に最高におすすめなのがニルヴァーナ。

ニルヴァーナを聴いて、音楽ってその時の感情によって左右されるなってことに気付きました。

きっと誰にも理解されないだろうけど、僕が常に言ってるのは


「音楽は耳で聴くんじゃない、脳で聴くんだ」


カートの奏でるシンプルながら破滅的なギター、この世の全てに怒ってるようでかつ繊細な歌。

そこにクリスのベースとデイブのドラムが加わったらもう無敵。

パンクロックが隆盛を極めた1994年に、一人の偉大な人物がこの世を去った。

カートが今も生きてたら、きっと今のロックはヒップホップに負けないくらいの人気があったでしょう。

Amazon Music Unlimitedなら6500万曲以上を月額980円で聴き放題!

プライム会員ならさらにお得な月額780円!年契約なら月額650円と業界最安値で利用できちゃいます!

洋楽好きの皆様にぜひおすすめのサービスですが、最近は邦楽も充実してきました。

初回30日間無料お試し体験できるので、この機会に今すぐ登録しちゃいましょう^ ^

\30日間無料体験/

パンクでグランジでロックなニルヴァーナのおすすめアルバムを、14歳からパンクマニアの僕が紹介していきます!

スポンサーリンク

NIRVANA(ニルヴァーナ)ってどんなバンド?

NIRVANA(ニルヴァーナ)ってどんなバンド?

まずみなさんコバーンコバーン言ってるけど、コベインだからね。これユーチューバーの井上ジョーさんも言ってたから。発音的にはカート・コバーンじゃなくて、カート・コベインです。



とりあえず僕は本当に大好きです、カート・コバーン


1967年2月20日、アメリカ北西部の田舎町アバディーンで誕生した、後にロックの歴史を変える男カート・コベイン。父は車の技師や製材場の工場員という典型的なブルーカラーの家庭で育ちます。

カートは幼い頃からその精神状態の不安定さから9歳にして精神安定剤を服用する生活を余儀なくされてしまいます。

さらにカートの心に大きな傷を残す出来事が75年に起こります。それは最愛の両親の離婚。その後、父や母、祖父母の家を4~5回たらい回しにされ安定した家族を持たない生活を余儀なくされます。

この頃からカートの躁鬱はひどくなり、他人に心を閉ざすようになってしまったようです。

その後ロックに興味を抱き、パンクにのめり込んでいったカート。その過程でクリス・ノヴォセリックと出会います。

スポンサーリンク


85年、高校の卒業まであと2ヶ月というところでカートは高校を中退してしまいます。

家を追い出されたカートはアバディーンの近くの川を流れるウィシュカー川のほとりで野宿したりと孤独な日々を送ることに。(ライブアルバム「フロム・ザ・マディ・バンクス・オブ・ウィシュカー」のタイトルはこの川からとられました。)

その後、友人と共にデモ音源を作り始めます。そのバンドは”フィーカル・マター”と名付けられ、そこにクリス・ノヴォセリックが加入を希望します。

その後バンドは”セルアウツ”と名前を変え、以降も”スキッド・ロウ”や”テッド・エド・フレッド”などと名前を変え、またメンバーも何度も変わりました。

88年、「ブリーチ」の原型となったデモテープを制作。この時期にバンド名が「Nirvana」に決まります。チャド・チャニングをドラマーに迎え、7月にデビューシングル「Love Buzz」を発表。

89年にはカートの「ギターの厚みの増したい」との意向からセカンドギタリストとしてジェイソン・エヴァーマンが加入。同年6月にデビューアルバム、「ブリーチ」を発表。ニルヴァーナ初の全米ツアーをスタートし徐々に人気がでるも、ジェイソンは「ヘヴィメタルすぎる」との理由でわずか半年で解雇に。

90年5月、ドラマーのチャドが脱退。同年に元スクリームのデイブ・グロールが加入。ここに最強の布陣が誕生します。

91年9月、プロデューサーにブッチ・ヴィグを迎えメジャーデビューアルバム、「Nevermind」を発表。

93年2月からスティーブ・アルビニをプロデューサーに迎え、同年9月に「In Utero」を発表、初登場1位を獲得。この頃から3人体制をやめて、元Germsのパット・スメアをサブ・ギタリストに迎え全米ツアーをスタート。

同年10月18日には「MTVアンプラグド」に出演。

94年1月30日、「In Utero」に続くアルバム用のデモ録音のためスタジオ入りし「You know You’re right」などを録音。

94年3月4日、ローマのホテルで大量に鎮痛剤を飲んだカートが発見されます。

帰国後も不安定だったカートを見かねて、3月30日に妻のコートニー・ラブがカートをLAのエクソダス・ドラッグ回復施設に入院させますが2日で脱走します。

その後4月8日、3日前に猟銃自殺を図ったカートの遺体が、コバーン家の警備用ライトを取り換えにきた技師に発見されます。享年27歳でした。

スポンサーリンク

ニルヴァーナのおすすめアルバムは全部!歴代アルバム紹介

それでは、ニルヴァーナの最高なアルバムを紹介していきます!

インディー臭がハンパないBleach

89年6月にサブ・ポップレコーズから発売された、製作費わずか600ドルのアルバム。

アルバムレビュー

売れる気なんてさらさらない、そんな気持ちが曲に現れてます。だけどそれが当時のシーンにとって新鮮だったのかもしれないですね。

カートの作曲センスが爆発する前の貴重なアルバムです。

おすすめ曲
  • About A Girl
  • School

歴史的名盤!Nevermind

30年経っても一ミリも色褪せない、1991年リリースの歴史的名盤。

アルバムレビュー

もはや語り尽くされすぎて語ることは何もなし!とりあえず洋楽のバンドでこれ聴いとけばいいんでしょ?レベルで不動の人気です。

超有名曲”Smells Like Teen Spirit”に始まり、アルバムはひたすら静と動を繰り返す。ちなみにこの”Smells Like Teen Spirit”はカートの元彼女がつけていたコロンの名前で、ある時カートがビキニ・キルのトビ・ヴェイルに「あんたティーン・スピリットの匂いがするわよ(またあの子と寝てたのね)」とからかわれたことがきっかけで生まれたものですだそうです。カート自身は「ピクシーズのパクリだ」って言ってたみたいだけど、まあ兎にも角にも最高な曲なわけです。

ちなみにこのアルバム、92年1月11日付けでビルボードアルバムチャート1位を獲得しています。あのマイケル・ジャクソンのアルバム「デンジャラス」を抜いて。

どんなにロックが廃れても、このアルバムが廃れることは永遠にないでしょう。

おすすめ曲
  • Smells Like Teen Spirit
  • In Bloom
  • Breed
  • Lithium
  • Lounge Act

破滅的アルバム、In Utero

1993年リリース、バンドとして最後のオリジナル作品。

アルバムレビュー

アルバム1曲目の”Serve The Servants”、破滅を音で表現したようなギターで幕を開けます。狂ってるとしかこの曲を言い表すことができないです。極め付けは、どんなにギターがうまくても思いつかないであろうギターソロですね。

カートの精神状態がめちゃくちゃだったのはこのアルバムを聴けばなんとなく理解できる気がします。破滅を音で表現したような、ありったけの感情を吐き出しても吐き出しきれないような。

スポンサーリンク
おすすめ曲
  • Serve The Servants
  • Heart-Shaped Box
  • Very Ape
  • Tourette’s
  • All Apologies

名曲だらけのIncesticide

1992年リリース、NevermindとIn Uteroの間に発売された、Nevermind発表前の曲を集めたコンピレーション的アルバム。

アルバムレビュー

ブリーチの頃の荒々しさとネヴァーマインドのポップさの冷静と情熱の間的作品です。ブリーチ程インディー感はないけど、ネヴァーマインドに比べるとチープな感じなんだけど、コンピレーションとは思えないほどの楽曲クオリティ!!!

おすすめ曲
  • Sliver
  • Been A Son
  • Molly’s Lips
  • Son Of A Gun
  • Aneurysm

ニルヴァーナのおすすめライブアルバム紹介

ニルヴァーナのおすすめライブアルバム紹介

MTV Unplugged In New York

カートが亡くなる5か月前の1993年11月18日にニューヨークで収録された、MTV Unpluggedという自身の曲をアコースティックで演奏する企画でのライブを収録したアルバム。

アルバムレビュー

同じ曲でも全く違った曲のように聴こえるので楽しめるアルバムとなっています。Nirvanaではあまり有名ではない曲ばかり演奏してるのも印象深いです。

3曲目の “Jesus Doesn’t Want Me for a Sunbeam”はThe Vaselinesのカヴァー。

4曲目の”The Man Who Sold the World”はデヴィッド・ボウイのカヴァー。

10曲目の”Plateau”、11曲目の”Oh Me”、12曲目の”Lake of Fire”はカートが敬愛していたバンド、ミート・パペッツのカヴァーです。

おすすめ曲
  • About A Girl
  • Come As You Are
  • The Man Who Sold the World
  • Plateau
  • Lake Of Fire
  • All Apologies

Live at Reading

1992年の伝説のライブを収めたアルバム。

アルバムレビュー

CDとDVDが収録されており、ライブ映像は現在公式でYouTubeで発信されているのでぜひ観てほしいです。画面越しでも半端ない熱量が伝わり興奮が止まらないです!

おすすめ曲
  • Aneurysm
  • School
  • Sliver
  • In Bloom
  • Lithium
  • Tourette’s
  • All Apologies

Live And Loud

アルバムレビュー

とにかくめちゃくちゃやばいライブです。昔友達に「このライブめちゃやばいよ!」って言われて、まだYouTubeも無い頃にDVD貰って見た時の衝撃たるや。

カートのギターとボーカル、クリスのベース、それを引っ張るデイブのパワフルなドラミングと全てが完璧。

おすすめ曲
  • Drain You
  • Breed
  • Serve The Servants
  • Sliver
  • Scentless Apprentice
  • All Apologies
  • Heart Shaped Box
  • Blew
  • School
  • Lithium
スポンサーリンク

ニルヴァーナはいつになっても色あせない

本当に最高な音楽っていうのは、いつになっても色あせないです。

Nevermindなんて僕が3歳の時に発売されたアルバムですが、30年近くたった今もまったく色あせないです。

カートは間違いなくロックの歴史を変えて、世界を変えて、たくさんの人々を変えました。


知ってるかい?

音楽って、人を変えるんだぜ?

\30日間無料体験/

んでまず!


▼この記事を読んでくれた方におすすめの記事がこちら

【気に入ったーッ!!】フーファイターズのおすすめアルバム!最高傑作!名曲も添えて!
すんごい激しいロックを聴きたくて探してたらフーファイターズというバンドに辿り着いた。ジョジョのスタンド名にも使われて...
全世界がぶっ飛んだ珠玉のパンク名盤を年代別に一挙紹介しちゃうよ!
こんにちは、アラサーパンクスのたぎーです。最近パンクロックに目覚めたんだけど、どのアルバムがおすすめなんだろ...
聴けば人生観変わる洋楽パンクバンド!メジャーからインディー!60〜00年代!一挙紹介!
パンクバンドって色々いるけどどれがいいんだろ紹介します!14歳からパンクにどっぷり浸かり毎日5時間以上音楽聴いてる僕がめっちゃ紹介します!僕の好きなパンクバンドしか紹介しません!あと、自分で聴いたことないバンドは絶対紹介しません。毎日5時間
【歴史に刻まれた】一生涯聴ける洋楽ロックの名盤【60〜00年代】
こんにちは、いくつになっても胸の奥にはロック魂たぎーです!近頃あまりギターミュージックって世間で聴かなくなりましたよね...
【歴史を変えた】90年代の伝説的洋楽ロック名盤!!!
90年代の洋楽ロックの名盤を知りたい!こんな方に向けて、ロックの歴史を変えるほど強烈なインパクトを与えた9...