超絶的画力で描く戦闘シーンが魅力的なおすすめバトル漫画を紹介!

おすすめ漫画

こんにちは、絵画より漫画が好きなたぎーです。

バトル漫画ってとにかく画力が重要になってくるんですが、時に生まれ持った天賦の才かはたまた努力の賜物か、圧倒的画力でまるで芸術作品でも見てるかのような気持ちにさせてくれる漫画というのがあります。

そんな見るものを興奮のるつぼに誘ってくれる戦闘シーンから何からとにかく魅力的すぎるおすすめのバトル漫画を、完結済みの作品から連載中の作品まで紹介します。

5歳からジャンプを愛読しており、かれこれ25年以上も漫画を読みあさってる僕なのできっと参考になるかなと。

たぎー
たぎー

どれも戦闘シーンが魅力的過ぎて、永久保存して何度でも読み返したくなる作品ばかりです!

超厳選したおすすめ漫画アプリをたくさん紹介してます!ご興味ある方は下記記事へ!
>>>超絶怒涛におすすめの無料漫画アプリを出版社、ジャンル別に徹底比較して紹介【iPhone・androidで読みまくり】
スポンサーリンク

戦闘シーンが魅力的なおすすめバトル漫画(完結作品)

戦闘シーンが魅力的なおすすめバトル漫画(完結作品)

まずは完結済みの作品から紹介します!どれもデジタルではなく紙媒体で読みたくなるほど画が魅力的です!!!

1. ドラゴンボール

山奥に住む怪力で、メチャクチャ元気な孫悟空。ある日悟空は、七つ揃うとどんな願いも叶うという、ドラゴンボールを探すブルマに出会う。彼女とともに、悟空もハラハラドキドキの旅へ出発する!

ジャンプ+より引用

世界一の人気マンガ!時が経っても廃れない圧巻のバトルシーンはいつの時代も必見!

ドラゴンボール以前、ドラゴンボール以降と言っていいほどのマンガ界の歴史を変えた作品ですよね。画もそうですし、当時では斬新なアイデアがいくつも散りばめられてます。

そもそも当初ギャグ漫画としてスタートしたのに、ギャグ漫画の画じゃないですからね笑

「かめはめ波」はもはや世界共通語みたいなもんですよね。子供の頃から何度も読み返してる作品です。

ドラゴンボールの正統続編、ドラゴンボール超(スーパー)も必見です。

ドラゴンボール超(スーパー)

悟空と魔人ブウの壮絶な戦いから月日は流れ…平和を取り戻した世界に迫る、新たな脅威!! 今度の敵は「第6宇宙」からやってくる!? 鳥山明オリジナル原案で「その後」を描く、完全新作の『ドラゴンボール』開幕!!

ジャンプ+より引用

作画は「とよたろう」という方がおこなってるんですが、完コピといっていいほど上手いです笑

2. NARUTO

ここは木ノ葉隠れの里。忍術学校の問題児、ナルトは今日もイタズラ三昧!! そんなナルトのでっかい夢は歴代の勇者、火影の名を受けついで、先代を越える忍者になることだ。だがナルトには出生の秘密が…!?

ジャンプ+より引用

バトルシーンはとにかく必見!歴史にその名を刻む忍者漫画!

第一話からずっと画上手いってすごくないですか!?画上手くてこんな面白い忍者漫画思いついて、これこそ天才ってやつですね!

ナルトの海外人気はマジで凄いです。アメリカの格闘団体UFCの某選手がロック・リーのポーズを真似したり、格闘団体ベラトールの選手は入場の時に暁のコスプレをしてナルト走りしてましたからね笑

ニンジャがクールなのはやはり万国共通みたいです。

当時小学生でしたが、NARUTOの第一話はめっちゃ興奮しました!絶対売れるってわかるほどの完成度の高さ!!!

続編のボルトも作画をNARUTO時代の天才アシスタント「池本幹雄」さんが描いているので、変わらず高い画力でめちゃ面白いです。

3. 鬼滅の刃

ある日炭治郎が家に帰ると家族は鬼に皆殺しにされ、唯一生き残った妹・禰豆子も鬼へと変貌していた。家族を殺した鬼を討ち、そして禰豆子を元に戻すため、二人は旅立つ!!

ジャンプ+より引用

敵キャラが魅力的すぎて押し寄せる感動!一世を風靡した後世に残る名作漫画!

イヤほんと申し訳ないんですが、当初絶対10話打ち切りだと思ってました…だって最初チョーつまんなくないですか!?


でも途中から信じられない程面白くなりますからね!鬼滅の刃はねー敵キャラが魅力的なんですよ!鬼側がちょいちょい感動シーン挟んできて…

もう!30過ぎた大人を泣かせるんじゃないよ!

後半で今までの争いはなんだったんだってくらいの強さを誇る鬼舞辻無惨が登場してからはグダグダバトルが続いて終わりましたが、それ以外の鬼とのバトルはどれも名バトルです。

4. 七つの大罪

かつて王国転覆をはかったとされる伝説の逆賊・〈七つの大罪〉。今もなお執拗に、そのお尋ね者を追うは、王国の要・一騎当千の聖騎士たち。しかし、切なる想いを胸に秘め、〈七つの大罪〉を捜す一人の少女が現れた時、世界の様相を一変させるとびきりの冒険が始まった! 痛快無比のヒロイック・ファンタジー、開幕!!

マガポケより引用

絵画のような芸術さがある名作ファンタジーバトル漫画!数々の戦闘シーンは必見!

この方は過去にジャンプでライジングインパクトというゴルフ漫画を連載していたんですが、この頃から既に芸術的画力でした。

子供ながらにすげーって思いましたね。そんで幻の名作、”Ultra Red”も超おもしろいですから。

5. 東京喰種 トーキョーグール

“東京”には、或るひとつの「絶望」が潜む…。群衆に紛れ、人間を狩り、その死肉を喰す怪人、人はそれを「喰種(グール)」と呼ぶ。青年が怪人に邂逅したとき、数奇な運命が廻り始める──!

ジャンプ+より引用

金木!悲劇!過激!なぜに!?喜劇?

この作品は途中から作者変わった?ってくらい突然画が上手くなります。めちゃくちゃカッコいい画になっていきます。

第一部は完成度めっちゃ高くて面白すぎるんですが、第二部のre:がなんとも微妙な仕上がりに・・・5回くらい読み返したんですがやっぱり微妙でした。

でも第一部はマジで本当めちゃくちゃ面白いドルチェエエエエエエエ!!!

6. ZETMAN

手の甲に円状のコブを持つ不思議な少年ジン。続発する怪事件を背景に、謎の老人がジンのことを探し始めた…。ある日、ジンの前に突然、異形の殺人鬼が出現。それまでの平穏な日常は激変する。人知を超えた殺人鬼の力を前にジンは!?壮大な物語が、今始まる…!!

巨匠桂正和がど迫力画力で描くダーク・ファンタジー!

電影ガールやアイズでお馴染みの桂正和先生が描く超大作。

個人的にはもっと売れていい作品だと思う。初の青年誌ということで過激な描写が結構あります。

と同時に中々に残酷な描写も多くて、ときおり読むのが辛くなってきます。

物語自体はかなり作り込まれているのでめちゃ面白いですが、内容としては結構大人向けです。

アシスタントさんも超優秀だと思うんですけど、画が超細かくて綺麗です。

相変わらず登場する女の子はめっちゃ可愛い。桂正和さんと小畑健さんが描く女子が個人的にめっちゃ好きです。リアルにこんな女の子いたら秒で惚れる自信あります。

7. ARMS

バトル漫画の中では最高峰の緻密なストーリー!謎が明かされていく度に駆け巡る興奮が鳴り止まない

アームズは小難しい言葉がちょいちょい出てきたりして、めっちゃ面白いんですが読むの結構疲れます笑

僕は13歳の時に友達の家で読んでどハマりしましたが、当時はよく理解できていませんでした。比較的大人向けの作品ですかね。

アームズも文字が多かったり色々細かいので、スマホで読むより大きい媒体で読むのがおすすめです。

8. 地獄楽

時は江戸時代末期となる頃———。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

美しい画で描く忍者、侍がとにかくカッコいい浪漫が詰まった漫画!

忍者とか侍とか浪漫しかないんですよ。だって修学旅行で絶対木刀買うじゃないですか?そうゆうことなんですよ。

人種問わず男には遺伝子レベルで擦り込まれてるんですよ、忍者と侍はカッコいいと。

でもね、この漫画内容は結構大人向けです笑

9. プラチナエンド

「私が“生きる希望”をあげる」 架橋明日は家族を事故で失い、引き取られた親戚のもとでも辛い日々を送っていた。全てに絶望した少年は、中学校を卒業したその日、ビルの屋上から身を投げる。しかし、少年はそこで1羽の天使と出会う──!?

ジャンプ+より引用

デスノートの最強タッグ!緻密な構成にハンパねえ画力は圧巻の一言

あの「デスノート」と「バクマン」の最強タッグですからね、面白くないわけがないじゃないですか。もうそのタッグってだけで読む価値ありまくりです。

相変わらず作中に登場する女の子たちが軒並みカワイイです。

10. グラップラー刃牙

男なら誰もが一度は夢見た「地上最強」!そんな夢を描いた名作格闘漫画!

まず読んでて作者の格闘技オタクっぷりが分かります。

格闘家の朝倉未来さんのチャンネルに出演した際に、「格闘技は才能が無かったけど漫画は天才だった」とご自身で語っていました。

たしかに元自衛隊とは思えないほどの迫力ある画ですよね。てゆーか画力向上のレベルがヤバいです。

刃牙は続編がいくつかでています。

シリーズ一覧
  • グラップラー刃牙
  • バキ
  • 範馬刃牙
  • 刃牙道
  • バキ道

僕のおすすめは初期のグラップラー刃牙とバキですね。

たぎー
たぎー

花山薫とスペックとのバトルは当時何回も読み返し興奮しました!2作目のバキで読めます!マジであのバトルは男なら誰しも憧れる!

11. 嘘喰い

「嘘喰い」と呼ばれる謎のギャンブラー斑目貘。ひと癖もふた癖もある仲間達と共に並外れた頭脳と冷徹さで瞬く間に大金を手に入れていくが、その目的は何なのか!? そして謎の組織「賭郎」とは……!?  智略と暴力が、嘘と真実が入り混じる賭博の世界――。最強のギャンブラー・斑目貘が、相手の嘘を喰い尽くす!!

ヤングジャンプ公式サイトより引用

白熱したギャンブルと賭郎のバトルシーンがアツすぎる!力が支配するその先にあるものとは・・・!

主人公斑目獏がギャンブルで力を手に入れのし上がっていく漫画です。

賭郎というギャンブルを取り仕切る用心棒みたいな人たちがいるんですが、その賭郎の戦闘シーンがとにかく圧巻すぎてヤバいです。敵味方関係なくどのキャラも強くて魅力的で迫力あって魅了されます。

この漫画も連載中に画力がドンドン上がっていき、初期と後期では別次元の画を描いてます。

バトゥーキ

『嘘喰い』の鬼才・迫稔雄、新境地へ! 解放と出会いを紡ぐ異類の青春少女大河が開幕!! スケボーが大好きな“いっち”と呼ばれる女子中学生・三條一里。活発そうに見える彼女だが、満月を見るたび、何か縛られているような言い知れない感覚にとらわれていて……!?

となりのヤングジャンプより引用

あわせて紹介します、バトゥーキです。カポエイラ漫画です。カポエイラのあの動きって描くの難しそうですがそこはやはり迫稔雄氏、めっちゃ躍動感出てます。

この漫画も嘘喰い同様、悪い輩がたくさん登場します。そして相変わらずどいつもこいつも個性強過ぎ。

最初はあんま面白くねえなーと思って読んでたんですが、途中から急に面白くなります。

12. リクドウ

父親を失った少年・芥生リクは借金取りの元ボクサー・所沢京介と出会う。理不尽に満ちたこの世界で、人は何をよすがに生き抜くのか。戦うのか。人生という茨の道を歩む芥生リクの破格の拳闘ストーリー! 少年には何もない。その拳以外は。

となりのヤングジャンプより引用

青年漫画らしくドロドロしたボクシング漫画、そこに爽やかさは一切ない

当時読んだ時なかなかに衝撃でしたね、スポーツ漫画でこんな描写して果たして人気出るのか?って思ったんですが、見事人気作品に成長。

「バトル漫画」で括るかというとなんとも微妙ですが、画力高くて中々に迫力と見応えあるので紹介します。

13. 北斗の拳

おまえはもう・・・

誰もが知る名言・名シーンがとにかく多いですよね。北斗の拳を見たことない人でも敵がどんな髪型と服装でどんな乗り物に乗ってきてどんなやられ方するか知ってますもんね。

小学生の時に夕方再放送やってて毎回楽しみに帰宅してたのはいい思い出です。

北斗の拳では種もみを守る大切さを学びました。

戦闘シーンが魅力的なおすすめバトル漫画(連載中作品)

戦闘シーンが魅力的なおすすめバトル漫画(連載中作品)

ここからは2022年2月時点で連載中の作品から超絶戦闘シーンが魅力的なオススメのバトル漫画を紹介します!

1. ジョジョの奇妙な冒険

19世紀末英国。貴族・ジョースター卿は恩人の息子、ディオを養子にする。しかしディオはジョースター卿の実の息子、ジョナサン(ジョジョ)を退け、財産の横取りを計画!謎の石仮面でジョジョを殺そうと画策する。

ジャンプ+より引用

問答無用ゥ!説明不要ゥ!波紋疾走ゥ!スタンドバトルは超絶怒涛ゥ!

第8部のジョジョリオンが連載中なので連載中作品として紹介します。作品としては第1部〜2部が波紋疾走編です。

3部からスタンドが登場してオラオラしたり無駄無駄します。1部〜6部までは世界観繋がってますが、物語は毎回まったく別物なので一応どこから読んでも楽しめるはずです。

ちなみに僕の好きな話は5部と6部です。

7部のスティール・ボール・ランと8部のジョジョリオンは単独の物語なので7部8部から読むのもありですね。画が劇的に綺麗になるのは7部からで、もはや芸術作品のようです。

ジョジョを読まない人の理由のひとつに「絵が苦手」っていうのが多いんですけど、作品としてはめちゃくちゃ面白いのでぜひ読んでみて欲しいですねー。

2. ONE PIECE

時は大海賊時代。いまや伝説の海賊王G・ロジャーの遺した『ひとつなぎの大秘宝』を巡って、幾人もの海賊達が戦っていた。そんな海賊に憧れる少年ルフィは、海賊王目指して大いなる旅に出る!!

ジャンプ+より引用

子供から大人まで楽しめる説明不要の超大作!笑い!感動!興奮!誰しも一度は読んで欲しい!

ワンピースの凄いところって、子供と大人両方が楽しめるよう作られてるんですよね。

事実、ワンピースは僕が小学生の頃に連載開始されましたが、大人になった今も数々の伏線などにドキドキワクワクしています笑

いろんなところでワンピース考察が繰り広げられているのが物語が深い何よりの証拠です。

3. 呪術廻戦

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁(いたどりゆうじ)は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!?

ジャンプ+より引用

ジャンプらしからぬ異色ダークファンタジー!毎話毎話全部面白くてつまらない回が1つもない!

これは本当に名作爆誕です。だらけた回もなくスムーズに物語が進んでいくのでスイスイ読めます。

俗に言うパワーインフレもないし画もチョー魅力的で申し分ない!ただ、伏線とか複雑すぎて何回も読み返さないと訳わかんなくなる…

あと、渋谷事変が始まったら0巻は読んでおいた方がいいです。乙骨憂太くんという特級呪術師が後に登場するんですが、0巻読んでおくとより楽しめます。

4. 怪獣8号

かつて憧れた世界とは遠い場所で働く男におとずれる予想もしない出来事…!その男、怪獣になりかつて憧れた場所を再び目指す…!

アラサーおじさんの希望の星!だけど子供も楽しめる怪獣バトル漫画!子供から大人まで楽しめる超オススメ作品!

まず第一話で掴みはバツグン、とにかくめちゃくちゃ面白い。そんでめっちゃジャンプしてるので、ジャンプ大好きっ子にはぴったりです。

ジャンプの王道が好きな方はどハマりすること間違いなしです。

5. ワンパンマン

時代が求めたニューヒーロー『一撃男』と言えば?!? 『WEB界のカリスマ』と『最強ジャンプ遺伝子』の超強力タッグが描き出す! 平熱系最強ヒーロー“サイタマ”の日常ノックアウトコミック!!

となりのヤングジャンプより引用

迫力満点の画が見るものを圧倒!ごちゃごちゃしてなくとにかく読みやすい!

どんな強キャラもワンパンで倒してしまうチートキャラ、サイタマが主人公という斬新な作品です。

この漫画はもともとウェブサイト上で公開されていたものを、天才絵師「村田雄介」さんが作画担当してリメイクしたのでもうーーー迫力満点です。

僕別に漫画家も目指してないし画も描かないけど思わず「勉強になるなー」と感じる作品です笑

村田雄介さんは過去にジャンプで「アイシールド21」というアメフト漫画を描いており、そちらも超絶アツい漫画で面白いです!

6. 僕のヒーローアカデミア

多くの人間が“個性”という力を持つ。だが、それは必ずしも正義の為の力ではない。しかし、避けられぬ悪が存在する様に、そこには必ず我らヒーローがいる! ん? 私が誰かって? HA HA HA HA HA! さぁ、始まるぞ少年! 君だけの夢に突き進め! “Plus Ultra”!!

ジャンプ+より引用

ジャンプの王道まっしぐら!男心をくすぐる描写と胸熱シーンが満載!

ヒロアカの第一話はマジで衝撃的面白さでした。「ワンピース、NARUTOにつぐ名作きたコレ」って瞬間思いましたね。主人公が落ちこぼれだったり要所でダークな部分があったりと、どちらかというとナルトに近いです。

途中微妙な回があったりと残念な部分はありますが、やはり他作品と比べるとレベルが違う面白さ。

7. キングダム

時は紀元前――。 いまだ一度も統一されたことのない中国大陸は、500年の大戦争時代。苛烈な戦乱の世に生きる少年・信は、自らの腕で天下に名を成すことを目指す!!

となりのヤングジャンプより引用

時は戦国!壮大なスケールで描かれる超大作!

過去に某番組で特集も組まれたほどの人気作。コチラも割と長期連載なので今更・・・って思うかもしれませんが、一度読むとそんな気持ちはどこ吹く風。

気がついたら全話読破してることでしょう。

8. HUNTER×HUNTER

父と同じハンターになるため、そして父に会うため、ゴンの旅が始まった。同じようにハンターになるため試験を受ける、レオリオ・クラピカ・キルアと共に、次々と難関を突破していくが…!?

ジャンプ+より引用

本誌ではネームレベルの画を見せつけてくれましたがコミックスでは圧倒的画力!さすが山形の天才!

幽☆遊☆白書よりも何段階も緻密な構成によって作り上げられているのがハンターハンター。

グリードアイランド編ではおよそ漫画家とは思えないクオリティのゲームを作り、キメラアント編は毎週が興奮のるつぼ。当時中学生だった僕はカイトがモニョモニョなった次の日に学校で友達とその話で持ちきりだったのはいい思い出です。

連載中ではありますが長らく休止しており、生きてる間に完結はしないのではないかと思われる作品です。

漫画をあまり読まない人もハンターハンター読んでるって人は多かったです!

9. ベルセルク

これは漫画じゃない!もはや芸術だ!世界的な画力で描くファンタジー巨編!

途中からはもはや芸術作品ですよね、こんなんどうやって描いてるんですかね。

ベルセルクはまったく物語が進んでおらず、途中から終わらせ方分かんなくなった雰囲気がします。ラスボス的キャラたちとはまったくバトルしてないので、せめてその辺との熱いバトルは展開してほしいですね・・・

そしてベルセルクは描写が細か過ぎてスマホで読むのはしんどいです・・・紙媒体かデカい端末で読むのをオススメします。

※2021年5月に作者の三浦建太郎さんがお亡くなりになりました。ご冥福をお祈りします。

10. テラフォーマーズ

「全く見た事のないものと出会う時、人間は人間ではいられない。」 西暦2599年──。火星のテラフォーミングが進行し、その地表は一面の苔とある生物で覆われていた。そして、選ばれし15人の若者達は重要任務の遂行を期待され、有人宇宙船『バグズ2号』に搭乗し、火星へと向かう。かの地で彼らを待つ、想定外の進化を遂げた生物の正体とは…!?

火星でゴキブリとの熱いバトルが話題になった超大作!そのゴキブリが地球に襲来してきたがそこで物語は休止中!

テラフォーマーズはもうめっちゃおもろい!当時進撃の巨人と同時期くらいに連載始まったのかな?進撃人気が圧倒的だったんですが僕は密かにテラフォーマーズ推しでした。(進撃も好きですけどね)

そんな超名作だったんですが・・・地球編始まって新キャラ続々登場しておらワクワクしてたのに突如作者の病気により休止・・・いったんは再開されたものの何週か連載してまた休止・・・そこから再開されてません。

これも頼むから連載再開してほしい作品です。

11.ダンダダン

幽霊を信じないオカルトマニアの少年・高倉と、宇宙人を信じない少女・綾瀬は、互いの理解を超越した圧倒的怪奇に出会う——…!オカルティック青春物語!!

チェンソーマンと地獄楽の元アシスタントが超画力で描くオカルト青春漫画ッ!

第一話がもうやばいおもしろい、いろんなことめっちゃ詰め込んでるんだけど読んでて疲れることもない。

オカルト、心霊、恋愛、ターボババアとなんでもアリの漫画です。

まとめ:どれも画を見てるだけで興奮する

どれもこれもどうやって描いてるのか不思議なほど超絶の画力ですよね。ただ見てるだけで感動します。

この記事でお気に入りの漫画が見つかると嬉しいです。

んでまず!


▼この記事を読んでくれた方におすすめの記事がこちら

おすすめ漫画
スポンサーリンク
たぎーをフォローする
たぎぱんブログ