Eminemさんのおすすめの名曲・代表曲25選をロック好きが紹介!

エミネムさんのアルバムおすすめ洋楽

こんにちは、パンクスだけどヒップホップも大好きなたぎーです。

エミネムってアルバム出しすぎててどの曲聴けばいいかわかんねえYo!

こんな疑問にエミネムさんの歴史と合わせて答えます。

最近流行のラップとは路線が違うエミネムさんですが、時代に合わせつつも自分を貫くエミネムさんは最高ですね。

彼のあくなき欲求、怒り、向上心は素晴らしいですよね。年々スキルアップしていくエミネムさんのラップは、生半可なラッパーでは背中すら拝むこともままならない程です。

それでは、14歳から音楽にどっぷり浸かり毎日5時間以上音楽を聴いてる僕がエミネムを紹介していきます。

Eminem(エミネム)ってどんなラッパー?

1972年生まれ、出身地はカンザス・シティー。本名はMarshall Bruce Mathers Ⅲ(マーシャル・ブルース・マザーズ3世)。幼い頃から極貧の家庭に育ち、父親には捨てられ母親からはひどい仕打ちを受けます。

エミネムが幼い頃、彼と母親と弟の3人は家庭の事情で2、3ヶ月に一度は引越しを余儀なくされます。この頃は、友達もできず、仲間外れにされいじめられ、自殺未遂も経験したそうです。

エミネムが12歳の時に、ようやくデトロイトのイーストサイドに落ち着きます。この頃にはヒップホップ にのめり込み、14歳の時に地元デトロイトでD12というグループを結成しています。

そして、エミネムはラッパーになることを決意し高校を中退します。(中学校は3回留年しています)この頃のエミネムは、ノートがない時にはレシートの切れはしに思いついたリリックを書いたり、寝てる時にふとリリックが思いついた時はすぐ横の壁に書いたりしていたそうです。

96年に地元のインディ・レーベルからデビューアルバム「Infinite」をリリースします。しかしこの作品は地元の仲間を喜ばせただけであまり注目されませんでした。

その後エミネムさんは”スリム・シェイディ”というキャラクターを思いつきます。97年にはLAで開催された”コーリシャス・ラップ・オリンピック”にてフリースタイルで準優勝を果たします。

その間にいたるところでばら撒かれた”Slim Shady EP”は2万枚のセールスを記録します。

そして運命の出会いは訪れます。”フライデイ・ナイト・フレイヴァズ”というラジオでのエミネムのフリースタイルをたまたま聴いていた超大物ドクター・ドレーが、すぐにエミネムにコンタクトを取ります。ここにドレーとエミネムさんの最強タッグが誕生しました。

ドレーと製作した99年作、”The Slim Shady LP”が大ヒットを記録します。

翌年2000年にリリースした”THE MARSHALL MATHERS LP”は発売から1週間で179万枚!!!売り上げる快挙を達成しています。

向かう所敵なしで無双状態のエミネムさんでしたが、2001年4月10日に2年間の保護観察下に置かれてしまいます。これは2000年6月4日、ナイトクラブの外でエミネムの妻キムとジョン・グエラがキスをしていたのをエミネムが目撃し、弾の入ってない銃でジョン・グエラを脅して暴行したことによるものです。この一件が後のアルバムでも赤裸々に綴られています。

2002年に”THE EMINEM SHOW”をリリース。同時期に公開された映画「8 Mile」効果もあってエミネムさんはさらに無双状態に。あの時代を生きた当時の若者であれば、あの頃のエミネムさんの無双っぷりがいかに凄かったか分かりますよね。当時アヴリル・ラヴィーンとエミネムは知らない人いないくらいの人気でした、マジで。

2004年に”ENCORE”をリリース。収録曲のJust Lose ItのMVで披露したマイケルジャクソンのモノマネが物議を醸すことに。この頃から薬物依存が顕著になり、2009年まで薬物依存と闘っています。

2009年、”RELAPSE”をリリース。アルバムジャケットの裏側には、2006年に地元デトロイトのナイトクラブで口論の末に4発の銃弾を受けて亡くなった親友プルーフへ捧げた言葉が記載してあります。

2010年には薬物依存から完全復帰したエミネムさん、”RECOVERY”をリリースします。このアルバムではリアーナやPink、リル・ウェインなどをゲストに迎えており、また曲もシリアスなものばかりになっています。

2013年、”THE MARSHALL MATHERS LP2”をリリース。このアルバムから発表されたシングル4曲全てが全米チャートのtop20にランクインするという快挙を達成し、またもやエミネムさん無双状態に。てゆーかエミネムさんが無双じゃなかった時ってあるんですかね。

2017年、”Revival”をリリース。前作に続きドクタードレーとリック・ルービンの下製作されたアルバム。ビヨンセとの共演”Walk On Water”、エド・シーランとの”River”、アリシア・キーズとの”Like Home”、Pinkとの”Need Me”など豪華共演が目立ったがアルバムの評価はイマイチふるわず。

2018年、前作が酷評され怒り狂ったエミネムさん、前作から1年もたたずに告知なしで突如”Kamikaze”をリリースし全世界をざわつかせる。

前作での豪華客演を批判されたことが気に食わなかったのか、今作では客演はほとんど無く純粋なエミネムさんを堪能できます。スリム・シェイディ時代の毒舌も戻ったとファンを興奮させました。

そのディスの対象は多岐にわたり、トランプ大統領からタイラー・ザ・クリエイター、リル・ヨッティーやマシンガン・ケリーなどが対象になりました。その中でマシンガン・ケリーは”Rap Devil”という曲でアンサーしましたが、その後YouTubeで公開されたエミネムさんのアンサーソング”Killshot”でボロボロにされてしまいました。(この曲はYouTube公開から24時間で約3810万回再生と驚異的な記録を樹立しました)

ちなみにジャケットは見る人が見れば一発でわかる、Beastie Boysの1986年リリースのファーストアルバム、”Licensed to Ill”のジャケットのオマージュです。

2020年、またもや事前告知無しで”Music To Be Murdered By”をリリース。同アルバム収録曲”Godzilla”ではもはや適当にベラベラ言ってるだけなんじゃないかと思うほどの超高速ラップを披露し、エミネムさん無双状態は永遠のものに。

エミネムさんのおすすめ名曲、代表曲15選!

エミネムさんのアルバム

エミネムさんの歴代の人気曲や代表曲、僕のオススメも合わせて全力で紹介していきます!!!

My Name Is

1999年リリース”The Slim Shady LP”収録曲。

すっごいポップで売れ線!MVでのマリリン・マンソンのクオリティが高い!メカニカルアニマルズの頃のマンソンですね!フー!
エミネムさんを一躍有名にした代表曲と言っていいですね!MVではビル・クリントンやマリリン・マンソンに扮しておふざけ全開です。

The Way I Am

2001年リリース、“The Marshall Mathers LP”収録曲。

韻の踏み方が分かりやすい!初心者にもおすすめ!
アルバム完成間近にレーベルの連中に「シングルにふさわしい曲がない」と言われ作った曲。この曲ではめちゃくちゃ分かりやすいラップしてます。

YouTubeでみたライブ動画でマリリンマンソンがゲスト参加してサビを歌う動画があったんですが、エミネムがラップしてる間どう乗ればいいか分からずただフラフラと立ち尽くすマンソンの姿はただの白塗りおじさんでした!!!

The Real Slim Shady

2001年リリース、“The Marshall Mathers LP”収録曲。

このベースをブンブンにきかせたドレーサウンドはたまんねえぜ!
エミネムさんお馴染みのシングルヒットを狙った感じの曲ですね。万人受けしやすい曲調です。

Without Me

2002年リリース、”The Eminem Show”収録曲。

エミネム初心者が聴くにはもってこいの曲だなぁ!

‘Till I Collapse (feat. Nate Dogg)

2002年リリース、”The Eminem Show”収録曲。

この曲はとにかくカッコいい!それに尽きる!あこがれるゥ!
エミネムさんのみんなを勇気付ける、ヘッズ達の気持ちを奮い立たせるファイトソングです。この曲では韻を踏むところを強調してラップするので、どこで韻を踏んでるか比較的分かりやすいです。

そしてそして!!!トラックがクソかっこいいですゥ!!!

Lose Yourself

エミネムさんの超超超代表曲。時は2002年か2003年!この頃はアヴリル・ラヴィーンとエミネムさんがマジでヘヴィロテでした!当時の若者で聴いた時ない人はいないはず!
冒頭のピアノからギターからもう超カッコいいし、何より8マイルがもうやばいんですよね。

8マイル観てバトルで興奮して、ラストにこの曲流れるあの一連の流れを感じたらもうなんだかわかんないけどとにかく「何かしたくなること間違いなし!!!」

こんなの観たら、憧れないわけねえじゃねえか!

Like Toy Soldiers

2004年リリース、”Encore”収録曲。

なんだかめちゃくちゃクールなトラックだなぁ!それもそのはず!Martikaの”Toy Soldiers”をサンプリングしてるからね!要チェックや!

Just Lose It

2004年リリース、”Encore”収録曲。

シングル用にこんな感じの曲作っとけばいいんでしょ!もう!みたいな気がするのは僕だけ?
トラックもめちゃいいし決してそんなことはないんだろうけど、なんか適当にやっつけで作った感がする。

We Made You

2009年リリース、”Relapse”収録曲。

エミネムさんがアルバムに必ず1曲は入れてくるおふざけな曲。MVでも相変わらずふざけてるんですが、この曲のラップを聴けばエミネムさんのレベルは段違いなことがわかります。

Beautiful

2009年リリース、”Relapse”収録曲。

エミネムさんの当時の感情を吐露した名曲!
エミネムさんには珍しい感動ソングです。とても、「おれのを咥えてろ!」とか言ってる人が作った曲とは思えません。

Love the Way You Lie(feat. Rihanna)

2010年リリース、”Recovery”収録曲。


「カァァリィィフォォルニャャキィンベェェ」
でお馴染み歌姫リアーナとの初の共演。初心者にも聴きやすい曲に仕上がってます。

Berzerk

2013年リリース、”The Marshall Mathers LP2”収録曲。

リック・ルービンとのタッグで今までにないエミネムさん!
スレイヤーやレッチリ、ビースティ・ボーイズ等を手掛けた名プロデューサー、リック・ルービンとの初タッグで制作された曲。リック・ルービンが絡んでるのでやはり今までと違うトラックですね。ロックっぽさが前面に出てます。

Rap God

2013年リリース、”The Marshall Mathers LP2”収録曲。

エミネムさんがラップの神様になった伝説の曲!

今現在はさらに早いですが、当時ラップゴッドを聴いた人は僕も含めあまりのラップの速さにぶっ飛んだんではないでしょうか。

後述する”GodZilla”を聴く前にまずはこの曲を聴くのがオススメです。

The Monster(feat. Rihanna)

2013年リリース、”The Marshall Mathers LP2”収録曲。

カリフォルニアキングベッドちゃんでお馴染みリアーナとのタッグ2作目!
やはりリアーナが絡んでるので聴きやすいです。

Kamikaze

2018年リリース、”Kamikaze”収録曲。

往年のエミネムが帰ってきたとファンを歓喜!
まあ日本人としてはちょっと考えてしまうタイトルですけどね。

GodZilla(feat. Juice WRLD)

2020年リリース、”Music To Be Murdered”収録曲。

とにかく速すぎるゥ!どれくらい速いって?!インペリテリくらい速いよ!
若くして亡くなってしまったJuice WRLD(ジュース・ワールド)も、あのエミネムさんが「才能の塊」と絶賛するほどのラッパーでオススメです!絶対チェックしてくれよな!

エミネムさんの隠れた名曲10選!

ここからはエミネムさんの隠れた?名曲を超厳選して紹介していきます!

Superman(feat. Dina Rae)

”The Eminem Show”収録曲。

スッパメーンスッパメーンでお馴染みの曲です。
ドクタースランプアラレちゃんに登場するのはスッパマンです。間違わないように気をつけてください。

今のエミネムさんのラップもいいけど、この頃のラップは中毒性抜群!

Mockingbird

”Encore”収録曲。

エミネムさんっていっつも下品なこと言ったり人の事ディスりまくってるかと思いきや、こういうシリアスな曲も作っちゃうもんだからみんなから愛されるんですよね!

Talkin’ 2 Myself(feat. Kobe)

”Recovery”収録曲。

エミネムさんが孤独な人を勇気づけるファイトソング
エミネムさんが自身の孤独や葛藤、苦悩を綴っています。

No Love(feat. Lil Wayne)

”Recovery”収録曲。

リル・ウェインもいいラップしてるんですが、その後のエミネムさんのラップがヤバすぎて霞んじゃいました。
MVもメッセージ性があって素晴らしいの一言です。

Survival

”The Marshall Mathers LP2”収録曲。

2010年からこうゆう、「何?怒ってんの?」って感じで畳み掛けるラップが多くなったエミネムさん。
ちょっとシリアス過ぎる感は否めないですね。

Love Game(feat. Kendrick Lamar)

”The Marshall Mathers LP2”収録曲。

この曲でエミネムさん新しい下品なラップを開発しました。
前半でやってます。

今やラップ界のキングにのし上がったケンドリック・ラマーもイケてるラップかましてますが、それを圧倒するエミネムさんのスキルがやばいです。

Greatest

2018年リリース、”Kamikaze”収録曲。

フックで「おれが最高のラッパー」と言うほどあって、もう意味わかんないくらいのマシンガンラップかましてます。
途中、ケンドリック・ラマーのHumbleの一節を拝借したラインがエミネムっぽくて面白いです。

Those Kinda Nights(feat. Ed Sheeran)

2020年リリース、”Music To Be Murdered”収録曲。

アルバム”Revival”にも“River”というエド・シーランと共演した曲があり、そちらは個人的に微妙だったんですがこっちは最高です!

Yah Yah(feat. Royce da 5’9”, Black Thought, Q-Tip & Denaun)

”Music To Be Murdered”収録曲。

バチクソ乗れるんで絶対聴いてくれってばよ!
何気こうゆう曲久しぶりじゃないですかね!?00年代のエミネムを彷彿とさせます。

Lock It Up(feat. Anderson .Paak)

”Music To Be Murdered”収録曲。

アンダーソン・パークがマジで最高です!とにかくこの曲はアンダーソン・パーク!

エミネムさんまとめきれませんでした

本当は10曲くらいに厳選しようと思ったんですが、まとめきれず25曲となかなか膨大な数になってしまいました。

でも正直どれもマジでいい曲しかないので、絶対聴いてみてください^^

50歳を目前に控えても怒りまくりディスりまくりで、まだまだ衰えることを知らないエミネムさんを是非堪能してください!

んでまず!

おすすめ洋楽
たぎーをフォローする
たぎぱんブログ
タイトルとURLをコピーしました