主人公が復讐して捲る漫画をたくさん紹介するよ!

おすすめ漫画

こんにちは、ジャンプ漫画が大好きなたぎーです。

そう、ワンピースとかヒロアカとかジャンプの王道漫画が大好きな僕は復讐だなんだとドロドロしたものはあまり好きではないです。

だがしかし、近頃やたら復讐系漫画が増えてきたような気がします。基本的に復讐とかネガティブなものはあまり好きではないですが、せっかくなんで紹介します。

てゆーか、人間の性かついつい読んでしまいます。

超厳選したおすすめ漫画アプリをたくさん紹介してます!ご興味ある方は下記記事へ!
>>>超絶怒涛におすすめの無料漫画アプリを出版社、ジャンル別に徹底比較して紹介【iPhone・androidで読みまくり】


主人公が復讐して捲る漫画、紹介するよ!

主人公が復讐して捲る漫画を紹介

少年・青年漫画問わず紹介していきます!

十字架のろくにん

とある5人に理由もわからず”実験体A”と呼ばれいじめられていた小学生の漆間俊(うるましゅん)。両親と弟にはいじめの事実は隠していたが、ある日の弟の一言で家族にいじめを打ち明け、そこから学校を1ヶ月休むことに。

しかし数日後、目の前にあのいじめっ子軍団が現れます。そして行われた鬼畜の所業・・・こんなん小学生がやることじゃないだろ・・・

そのとてつもなく壮絶な悲劇から漆間俊は5人への「復讐」を誓ったのでした。

>>>Renta!で読みたい方はコチラから

これはマジでおすすめ、超面白い。「復讐してやる!」って意気込んで復讐する様を楽しむってわけじゃなく、そこに至った経緯やプロセスが練られてて面白いです。

第一話で闇堕ちして復讐を決意するという衝撃すぎる展開で面白すぎます。第一話で弟にあんな優しい姿を見せていた彼は何処へやら、HUNTER×HUNTERのキルアのごとく冷たい眼差しで復讐していきます。お母さん興奮しちゃいます。

神アニキことヤモリに拷問された後のカネキ君を彷彿とさせますね。

十字架のろくにんは”マガポケ”という漫画アプリで読むことができます!マガポケでは他にもマガジンの面白漫画がたくさん読めるので、要チェックや!

いともたやすく行われる十三歳が生きる為のお仕事

しょーたろーは13歳のシリアルキラー。依頼を受けて犯罪者をとっ捕まえてはあんなことやこんなことをすることを仕事としています。

工場で働いていた黒鉄陽人(くろがねあきと)は、とある男たちによって妹の命を奪われた過去があり、しょーたろーに妹への復讐を依頼するのでした。

>>>Renta!で読みたい方はコチラから

ジャンプ作品としては(ジャンプ+ですが)なかなかにエグい描写があります。他社の復讐系作品よりかはドロドロした憎悪みたいのものとかは読んでてそこまで感じられないので、その点は安心です。

13歳の子供って設定もちょっとゆるい雰囲気があって読みやすいです。

いともたやすく行われる十三歳が生きる為のお仕事は”ジャンプ+”とう漫画アプリで読めます!ジャンプ+では他にもめちゃんこ面白い作品がたくさんあるので、要チェックや!

ファイアパンチ

世界には特別な力を持った”祝福者”がいました。そんな”祝福者”の氷の魔女によって雪と飢餓に覆われた世界が舞台です。

驚異的な再生能力を持った祝福者のアグニと妹のルナは、突如村に押し寄せてきた軍隊のドマという男の炎の祝福の力によって村ごと焼かれてしまいます。彼の炎は”焼け朽ちるまで消えない”ものでした。

体が再生し続けるため炎に焼かれ続けるアグニの目の前に、同じく焼かれ続ける妹が現れます。しかし妹は兄より再生能力が弱いため、炎に耐えきれず塵となってしまいます。

塵となる間際に妹に「生きて」と言われたことで、ドマに復讐を誓う復讐の権化と化しました。

ここにファイアパンチの誕生です。

>>>Renta!で読みたい方はコチラから

ジャンプで絶大な人気を誇ったチェンソーマンの作者がチェンソーマン以前に連載していた作品です。復讐の権化だったころは斬新ですごい面白いんですが、途中からなんだかよく分からない展開が続いたりします。

なんでそんな展開にするの!?ってちょっと残念な部分もありますが、斬新で面白いです。

復讐の未亡人

復讐は気持ちが良い。IT企業に突如現れた派遣社員の「鈴木密」。仕事ができて容姿端麗で、こんな派遣社員が僕の職場にもきてほしい!!!すいません・・・つい願望出ちゃった。

密さんがなぜこの会社に派遣社員としてきたかというとそれはもちろん、”復讐”するため。もともと密さんの旦那さんがこの会社で働いていたのですが、同僚たちの数々の行いで心身を病んで自殺してしまったのです。

かくして、密さんのエロを駆使した復讐劇が幕を開けました。

>>>Renta!で読みたい方はコチラから

”復讐”・”未亡人”という最強の組み合わせ。エロと復讐を兼ね備えた大人の漫画です。女性の方がどハマりしそうな気がします、なんとなく。

用意周到な復讐劇、しかもリアルにありそうな話でちょっと恐ろしいです。

ベルセルク

主人公「ガッツ」はグリフィスが指揮を務める「鷹の団」という傭兵団に所属していました。

しかしある出来事でグリフィスは自身の野望のため、鷹の団の仲間を生贄に捧げます。その光景はまさに地獄絵図そのもの、絶望しかないその光景は当時ジャンプ漫画しか知らなかった僕の心に深い闇を植え付けました。

そこから奇跡的に生還したガッツは、自身と仲間を裏切ったグリフィスに復讐することを決意します。

>>>Renta!で読みたい方はコチラから

こんなにも憎しみを抱いた剣士がいまだかつていたでしょうか。主人公のガッツは言ってしまえばただの人間なんですが、憎しみの力で魔物たちをバッサバッサと切り倒していきます。

どっちが化け物やねん!!!とツッコミたくなるほど無双します。

ただ途中から仲間が増えてくると共に和やかなシーンも増えてきて、初期のギラついたガッツは鳴りを潜めつつあったりします。

圧倒的画力と壮大なスケールで海外からも絶大な支持を誇るベルセルクですが、2021年5月作者がお亡くなりになってしまったので未完の名作となってしまいました。ご冥福をお祈りします。

ベルセルクは”マンガPark”と”ゼブラック”という漫画アプリで読むことができます!”マンガPark”と”ゼブラック”も他におもしろーい作品がたくさんあるので、要チェックや!

善悪の屑/外道の歌

『無念を晴らすためにお前は、何をする?』
街中にひっそり佇む古書店を営む、とある過去を背負った二人が行う仕事は『復讐代行』。世の中に蔓延る屑どもに制裁をくだす!果たしてこれは正義なのか悪なのか。

他の作品と違うのが、主人公が『依頼を受けて復讐を代行する』んですよね。そしてそのやり方がかなりえげつない。

この『善悪の屑』ですが、どうやら諸事情によりコミックス販売が中止しているようです・・・調べたところ、『善悪の屑』が諸事情によりコミックス販売が見込めなくなったため、連載を終了させ『外道の歌』として再スタートしたようです。

『外道の歌』は普通にコミックス販売しています。

>>>Renta!で読みたい方はコチラから

じゃ『善悪の屑』はもう読めないの?って思いますが、そんなことはありません、電子版で読めます。

僕はゼロコミという漫画アプリで電子版でちゃんと全部読めましたので、気になる方はゼロコミをチェックしてみましょー!

復讐の教科書

とある5人から「面白いから」という理由でいじめられていた黒瀬は、ある日5人に屋上へと呼びだされます。そこで5人から追い込みをかけられてるうちに、足を滑らせ屋上から転落。そして下にいた先生と激突したことで二人の人格が入れ替わることに。

先生の姿となった黒瀬の復讐が始まりました。

>>>Renta!で読みたい方はコチラから

画も特段上手いってわけでもなく、いじめられてる理由とかも漫画としてはちょっと弱いかなと。物語の作りが微妙に似てる(どっちもマガポケですし)十字架のろくにんと比較すると、どうしても作品として弱い感じが否めません。

が、逆にそれほどドロドロしたりむごたらしい感じもないので、他の復讐漫画よりはまだ軽い気持ちで読めます。

子供向けとゆうよりか、そこまで不快感が無く読める作品としておすすめです。

リベンジH

学生時代いじめられていた「鈴音秘芽子」。地元の田舎町へ舞い戻った鈴音が、自身の美貌とテクニックを生かしかつての同級生たちに復讐していく物語。

どこで身につけたのか、秘芽子の洗練された性のテクニックに溺れていく男女達。こんな女性がもし身近にいたら怖すぎる。

>>>Renta!で読みたい方はコチラから

なんか気持ちよくなったりなんだりで、相手によっては復讐になってなくないか?と思うこともしばしば。絶対に復讐してやるううう!!!って感じではないので特段気分が悪くなったりということもないです。

ライト復讐漫画って感じです。

いじめの時間

序盤は主人公がとあることをきっかけに壮絶ないじめに遭い続けます。けっこう生々しいいじめ描写があって、いじめとか本当に嫌いな人はめちゃくちゃ気分が悪くなります。

しばらく大人しくいじめられていた主人公ですが、とある出来事をきっかけに闇堕ちします。そしてそこから彼の復讐劇は始まった!!!

ある出来事をきっかけにいじめにあっていた主人公が闇堕ちして復讐に出るんですが、そこからもまた凄まじいです。もう怒涛の勢いで捲ります。

そしてその復讐劇も中々に気分が悪くなります。もうこいつはこのまま裏社会で生きてくしかねえなってくらいひどいことします。

んでね、話が長い…この内容ならもっとコンパクトにまとめられると思うんですけどね。話が長すぎて途中で飽きてきます。このくだりいつまで続けるの?って描写が結構多いです。

復讐の毒鼓(ふくしゅうのどっこ)

いじめられていた双子の兄『神山秀』は、ある日いじめの末になくなってしまいます。とんでもない不良の弟「神山勇」は”復讐”を決意。兄になりすまし学校に復学します。

これは弟の壮絶な復讐劇を描いた物語。

>>>Renta!で読みたい方はコチラから

まず画が特殊すぎてそこで好みが分かれそう。そして家族がめちゃくちゃになる理由がなんとも雑。学校の制服のセンスもなんとも言い難い。そもそも兄貴めっちゃ頭いいのにそんな不良の巣窟みたいな学校通うか?エリート進学校で金持ちのボンボンたちに追い込まれたとかの方が設定として良いのでは?

などと突っ込みどころは色々ありますが、若者とかには受けがいいかも?

まとめ:やっぱり気分が上がる漫画が僕は好き

今回はあまり好きじゃない”復讐”系の漫画を紹介してみました。人の性でつい読んでしまうんですが、確かに面白いんですけどやっぱり読んだ後に不快な気持ちが残りますね。

復讐漫画を読みすぎてちょっと気分が落ちたら、バトル漫画を読むと気分がブチ上がっておすすめです。

この記事が参考になったら嬉しいです。

んでまず!

おすすめ漫画
たぎーをフォローする
たぎぱんブログ
タイトルとURLをコピーしました